変額年金保険 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

変額年金保険

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
資産運用の原則 私がお勧めしない商品
一般論として私は、変額年金保険への加入(購入)はお勧めしません。

個人年金保険は据え置き期間中の積立利率が予定利率として保証されていますが、変額個人年金は据え置き中の運用リスクを基本的には購入者が負担します。
購入者が運用に成功すれば資産額は増えますが、失敗すれば資産額は減ります。

単純化すると生命保険と投資信託で構成されている商品で、当該商品には資産運用関係費と保険契約関係費が掛かります。このため変額年金保険そのものが高額手数料の商品となっています。そして、据え置き期間に途中解約すると、解約のための高額な手数料が必要になります。

従いまして、死亡保障が必要であれば掛け捨ての生命保険を、貯蓄性を求めるならばご自分で投資信託を購入することで、支払うコストは安くなります。

ある程度の資産があり、相続税を節税するために高齢者の方が購入する場合以外は、お勧めいたしません。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「資産運用の原則」のコラム

多分配型の投資信託(2007/09/01 09:09)

期間延長特約付き預金(2007/08/30 08:08)