こだわりの注文建築を建てるために土地を探してる方。 - 土地売買 - 専門家プロファイル

久野 博
株式会社 藤建企画 
不動産業

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

こだわりの注文建築を建てるために土地を探してる方。

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 土地売買

長い不動産実務経験から肌感覚で情報発信!

土地だけ買って注文建築を考えている人は注意

土地を購入してそこにこだわりの注文建築を建てようと土地を探している方が

多くいらっしゃると思います。

マンションか一戸建て。新築か中古かによって手続きや資金の流れが大きく違ってきます。

 

その中で一番難しいのが土地を購入して注文建築を建てる場合です。

土地を買うだけの自己資金がある場合は問題ありませんが

土地と建物の両方の資金を住宅ローンで借りる場合は少し難しくなります

それは土地の代金と建物の代金の支払先が違うからです。

土地の代金を全額支払ってまず土地を自分のものにします。

それから初めて建物の建築をすることができるようになります。

銀行では土地だけのお金は貸してくれません。

住宅ローンはあくまでも家が付いていないといけないのです。

良い土地が見つかって銀行ローンの申し込みをするときは

土地がいくら、建物がいくら、という形で申し込みをします。

その時に建物の間取り図面や見積書ができていないと申し込みができません。

 

よく土地だけ夢中になって探している方がいますが

土地を探す前に、もしくは同時進行で、どこのハウスメーカーまたは工務店に

頼むのかを決めておく必要があります。

その時大体のプランも考えておいたほうがよいでしょう。

土地が見つかった時には土地と建物で、この価額だからこれだけ住宅ローンを

申し込みますという形を作らないといけせん。

土地購入の際には建物代も含めて総額を決めておかなければいけないのです。

 

もうひとつの問題は

建売や建築条件付きの土地であれば最後の建物の引き渡しの時に

残金を支払えばよいのですが注文建築の場合は支払い方が違います。

 

土地の決済の時に土地の残金を支払う。(これで土地は自分のものになります。)

建物が決まった段階でハウスメーカーに着手金を支払う。

建物が上棟した時に中間金を支払う。

建物が完成した時に残代金を支払うことになります。

 

ここで問題です。

住宅ローンは原則として建物の完成後にローンが実行されるために

これらの支払いに使うにはローンでは間に合わなくなります。

こうした完成前の支払いに対応するために分割融資やつなぎ融資

応じてくれる金融機関を探さなければなりません。

住宅金融支援機構の「フラット35」を利用する場合も、

つなぎ融資をしてくれる金融機関を見つけなければなりません。

 

これら土地を見つける前にやらなければならないことがあります。

この準備をしておかないとせっかく良い土地が見つかっても、時間がかかってしまい

他の人に越されて契約されてしまうことがあります。

せっかく時間をかけて良い土地を見つけたんだけど

手に入らないということもあります。

不動産仲介手数料無料のサイトです。ご相談ください。

http://www.atatakaikurasi.com

このコラムに類似したコラム

3つが決まったらスタート。 久野 博 - 不動産業(2011/03/05 11:48)

≪アドキャストpresents*住宅買い替えセミナー≫ 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2014/08/03 17:52)

建売一戸建てや土地の売買契約に関する個別相談  受付中! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2013/04/15 13:00)

建売一戸建てや土地の売買契約に関する個別相談  受付中! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2013/04/11 11:00)

建売や建築条件つき土地の契約・解約に関する個別相談  受付中! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2012/12/17 16:00)