「アク取りお玉」(ヒット商品)の生まれたキッカケとは? - 新規顧客開拓 - 専門家プロファイル

四倉 勝治
発明大学 代表・主宰
東京都
ブランドコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
うえた さより
うえた さより
(マーケティングプランナー)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「アク取りお玉」(ヒット商品)の生まれたキッカケとは?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 新規顧客開拓

≪個人発明家“アイデア商品”売上ランキング≫
■第1位〔洋子の快朝ダイエット腹巻き〕・・・20億円
第2位〔汗取りパッド〕・・・6億8000万円
第3位〔楽らく健康BOX〕・・・3億800万円
第4位〔アク取りお玉〕・・・1億2120万円
第5位〔アク取り落し蓋〕・・・8000万円
(データ出典/発明大学調べ)

※「BIG tomorrow」(2010年5月号)は、(株)青春出版社様から許可を得て掲載しています。


<第4位の「アク取りお玉」の生まれたキッカケとは>
テレビ番組(日本テレビ・伊藤家の食卓)で、
アク取りについて放送されているのを興味深くみておりました。
なぜなら、先に私は「アク取り」を自作商品で克服しておりましたので、興味津々でした。
するとアルミ箔をもんでシワシワにし、のばしてアクの出た上にかぶせました。
しばらくして両手で持ち上げてみると、それは見事に吸い付き取れました。
すぐさま、ためしてみましたが直接手を使って取り除くので熱いのと、
その後始末に時間がかかりアルミ箔が破けたりして、
使い捨てとなり、地球にやさしくない、面倒だ・・・が先になり、
ならばこの方法を簡単に使用する手はないかと、
既成のお玉にアルミ箔を貼り付け試してみましたら、
使い勝手の良さがわかり、直ぐ様アク取りお玉の実現にとりくみ、
製造メーカーに持ち込むと一つ返事でOKがでて
○○○万円の契約金でロイヤリティ契約が成立しグッドデザイン賞を受賞でき
製造メーカーへの恩返しにもなりました。
■発明家(発明主婦):小川信子さん
■小川さんのHP:http://www.onsanga.com/
(平成16年から現在までの売り上げ・・・1億2120万円)

発明大学:http://www.hatsumei.biz/
発明通販:http://www.hatsumeishop.biz/

このコラムに類似したコラム

【テレビ朝日】「スーパーモーニング」発明品ランキング 四倉 勝治 - ブランドコンサルタント(2011/01/23 14:48)

モノではなく、物語を売る 磯部 茂 - コピーライター(2012/08/27 18:09)

購買動機の本質とは(3) 平岡 美香 - マーケティングプランナー(2013/10/16 17:18)

購買動機の本質とは(2) 平岡 美香 - マーケティングプランナー(2013/10/09 16:05)

価値を高めると「欲しい」が高まり価格も高める事が出来る 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/07/28 06:00)