価値を高めると「欲しい」が高まり価格も高める事が出来る - 販促・プロモーション全般 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
うえた さより
うえた さより
(マーケティングプランナー)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

価値を高めると「欲しい」が高まり価格も高める事が出来る

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション全般



四角いスイカ・・・1万円
ハート型のスイカ・・・2万円

普通のスイカが一球 2000円から4000円と言うのに比べるとずいぶんと高い。しかし、同じスイカが形を変えることでここまで高く売れるとは・・・驚きですね。

もちろん、同じスイカというのにはチョット語弊はあります。工夫をし手を掛けて育てないと、資格やハート型にはならないですからね。ただ、こういう工夫をするところが素晴らしい発想だと思うのです。スイカを高く売るには、価値を高める工夫が必要なのです。

吉祥寺に肉のサトウというお肉屋さんがあります。行列の出来るメンチカツで有名です。見た目は、直径5cmくらいの丸いボール形のメンチカツです。このメンチカツ、1個180円もします。そこらのお肉屋さんやスーパーで売っているメンチカツは、1個100円前後。でも、このサトウのメンチカツは、中身が松阪牛。ジューシーで非常に上手い。なので、毎日毎日行列が出来ています。このサトウのメンチカツも、名前はメンチカツです。でも、四角いスイカと同様に、同じメンチカツとは言えないですよね。

でも、この店のメンチカツは、昔々、その形はコバン型をしていたそうです。しかもそのときは、ほとんど売れなかったそうです。しかし、あるとき偶然作ったボール型のメンチカツがその形故に肉汁を封じ込め、非常に美味しかったために、その時以降それを定番にしたそうです。その結果、今の大行列が絶えない評判のメンチカツになって行ったそうなのです。

スイカもメンチカツも、ひと工夫の努力が無ければ、世間と同じ価格か、安売りをすることでしか売れなくなってしまいます。しかし、そこから一歩踏み出して、ひと工夫に更に工夫を重ねていくことで、商品の価値が高まります。そして価値が高まると、お客様の「欲しい」が高まりますよね。そうすると、こんどは価格を高めることが出来るのですね。

最近、少し景気が上向き傾向と言う事で、高級志向が強まっていると報道されていますが、価格を単純に高くしても売れるわけはありません。四角いスイカやサトウのメンチカツのような工夫があってこそだと思うのです。

私も、お客様の「欲しい!」を刺激する!そう言う仕事をしていきたいですね。

「相手軸!相手軸!」



いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
※クリックして人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


■松下雅憲の著書について詳しくお知りになりたい方はこちらの画像をクリック!

■松下雅憲への「コンサルティング依頼」「講演・セミナー・研修依頼」についてはの公式ホームページへどうぞ

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

「満足」よりも半歩上を目指そう! 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/09/07 06:55)

購買動機の本質とは(3) 平岡 美香 - マーケティングプランナー(2013/10/16 17:18)

購買動機の本質とは(2) 平岡 美香 - マーケティングプランナー(2013/10/09 16:05)

「難しい」を言うと脳が思考停止状態になるのです 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/09/16 06:27)

飛び込みのお客様への感謝の気持ちは予約客の2倍以上であらわそう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/09/15 06:04)