贈与税 - 相続税 - 専門家プロファイル

大原 利之
大原会計事務所 所長
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年07月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

今回は相続時精算課税

相続時精算課税は贈与時に贈与財産に対する贈与税を支払い、

その後、贈与者が死亡した時に、その贈与財産と相続財産の

合計をもとに計算した相続税額から、既に支払った贈与税を

控除することにより贈与税・相続税を通じた納税を行う制度です。

この制度を選択できる人は、贈与者は65歳以上の親で、贈与を

受ける人は、贈与者の推定相続人である直系卑属で、20歳以上

の人に限られます。

住宅取得資金等の贈与の場合は、贈与者の年齢制限ありません

この制度の適用を受けるためには税務署への届出が必要で

さらにこの届出は撤回することができません

このコラムに類似したコラム

【私の執筆した原稿が出版されてました】 近江 清秀 - 税理士(2012/05/21 09:00)

相続税・贈与税の基礎知識 岩本 裕二 - ファイナンシャルプランナー(2014/08/06 14:14)

【相続税質疑応答編-36 遺留分の減殺請求と相続税】 近江 清秀 - 税理士(2013/06/03 08:00)

孫への教育資金贈与 藤本 厚二 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/21 21:25)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!