住宅ローン”戦国時代”到来か!? - 住宅ローン選び - 専門家プロファイル

宮下 弘章
リスト株式会社 
神奈川県
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン”戦国時代”到来か!?

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン選び

銀行の住宅ローン戦争が、再び激化してきました。

08年のリーマンショック後、世界的な金融危機の余波により、
住宅ローン市場は低迷の一途となりました。

個人の住宅購入に対する姿勢が慎重になり、
誰もがお財布のヒモをキツく締めるようになったわけです。

同時に、銀行も多大な不良債権を抱えるようになり、
この1年は特に損失処理と財務体質の改善のために
必死になっていたわけです。
当然、住宅ローンの審査も厳しくなる一方でした。

しかし、金融危機が落ち着いてきた頃には、
今度は借り手が少なくなったことでの悪影響が出てきたわけです。


企業の考え方は、新たな投資に消極的になるばかりで、
いくら銀行がお金を貸したくても借り手がいません。
仕方ないので、銀行は余ったお金を国債購入に回すしかなくなり、
預貸率はどんどん悪くなるばかりです。

そしてこの流れが、
新たな住宅ローン戦国時代の幕開けとなりそうです。

銀行は、住宅ローン審査基準は以前より厳しいものの、
審査に通過したお客様への金利優遇サービス幅を、
一部金融機関において再び拡大させているのです。


これから住宅購入の方には嬉しい悲鳴ですが、
特に注目すべきは、ネット銀行群のサービス拡大です。

例えば、私も最近注目しているのが、
住信SBIネット銀行です。

9月の優遇金利は0.975%
これ、一時期のメガバンク並みの低金利になります。

しかも、8大疾病保障付き団体信用生命保険に加入でき、
なんと保険料は無料です。
通常、3大疾病保障付でも保険料上乗せになるものですが、
これはちょっと驚きです。

ただ、手数料が通常に比べかなり高いのがネックだったり、
手元資金(自己資金)が多くないと対応しにくかったりもします。


メリット・デメリットをトータル的に見ていく必要がありますが、
以前に比べ、利用者の選択肢が明らかに広がっていることは、
嬉しいことですよね

《セミナーの詳細はココをクリック》

このコラムに類似したコラム

「住宅ローン」審査の基本 小川 正之 - ファイナンシャルアドバイザー(2015/09/15 10:00)

銀行が重視する住宅ローン審査のポイント 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2012/12/04 02:15)

【7月18日 大阪開催】 住宅購入に関する個別相談会 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2012/07/08 12:16)

【住宅ローン控除 年末調整の書類を紛失してしまったら・・・】 真崎 喜雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/11/27 17:03)

20代~30代、住宅購入のポイント 辻畑 憲男 - ファイナンシャルプランナー(2016/07/08 10:11)