基準地価は全国平均3.7%の下落 - 貯金・家計キャッシュフロー - 専門家プロファイル

森 久美子
エフピー森 代表 
神奈川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

基準地価は全国平均3.7%の下落

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 貯金・家計キャッシュフロー
最近の出来事

 こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。

  お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。

 

 国土交通省が21日、2010年7月1日時点の都道府県地価(基準地価)を発表しました。

 それによると、住宅地の全国平均は前年比3.4%下落、商業地は4.6%の下落。前年を割り込むのは住宅地が19年連続、商業地は3年連続。

 

 公示価格が、国土交通省が毎年1月1日時点の土地の価格を調査・発表するものであるのに対し、基準地価は各都道府県による7月1日時点の土地価格の調査で、毎年9月下旬に公表され、公示価格を補完する意味があります。

 

 全国約2万2,701の調査地点のうち、下落したのは全体の98.5%の2万1,457カ所。一方、上昇は27カ所で、横ばいは302カ所。

 地方圏の住宅地・商業地の下げ幅が大きかったの対し、東京、名古屋、大阪の三大都市圏では、改善傾向がみえてきているようです。

 都市部の人気地区に限ってみれば上昇、あるいは改善の兆しはあるものの、全国的には厳しそうですね

 

 森久美子が提案する快適ライフhttp://fpmori.com/

 

 スマートマネー塾の今後の予定はこちらhttp://fpmori2.blog89.fc2.com/

このコラムに類似したコラム

パパ入魂のマイホーム、ありきたりの企画住宅に敗れる 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2010/07/02 09:00)

ライフプラン作成で考える住宅購入[インタビューコラム] 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/01/22 11:00)

西日本新聞社:住まいる!に節約コラムを執筆中 久保 逸郎 - ファイナンシャルプランナー(2015/11/05 19:20)

夏、1人で乗ってはいけないタクシー 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2015/08/07 09:00)