住宅ローンの二極化 - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルティング 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンの二極化

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般

民間金融機関の住宅ローンに関する調査によると、金利タイプ別で変動金利と全期間固定型の2種類が、リーマン・ショック直前だった2年前と比べ、大きくシェアを上げているようです。
変動金利は年1%程度(優遇後)の低金利を打ち出す金融機関が多く、目先の割安感が強く2年前と比べ11.6ポイント増加し、47.8%となった。
一方、金利が低いうちに全期間固定型で総支払金利を確定しておこうとする利用者も着実に増えています。特に国の政策で「フラット35S」は当初10年間の金利を1%下げているので魅力的。
変動金利か固定金利かどちらが良いのか、良く聞かれますが、それはあなた次第(ライフプラン次第」です。人によって異なるので具体的には個別相談をして下さいね。  

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

マイナス金利の導入 ~今がお金の借り時なのか?~ 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2016/01/30 20:39)

住宅ローン 変動か固定か 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2012/08/31 14:27)

住宅ローン金利の3タイプ のメリット・デメリット 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/03/08 10:00)

後悔しない住宅購入 辻畑 憲男 - ファイナンシャルプランナー(2010/09/11 22:00)

20代~30代、住宅購入のポイント 辻畑 憲男 - ファイナンシャルプランナー(2016/07/08 10:11)