基礎内断熱工法のメリット・デメリット - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

基礎内断熱工法のメリット・デメリット

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家づくり現場 シアワセユタカビトの家 T邸 
本日、「シアワセユタカビトの家 T邸」の現場監理とクライアントとの打ち合わせのために名古屋に来ています。

6月後半から7月中旬にかけての、雨が若干工程に影響して、ようやく基礎が完成したところです。この写真は型枠がはずれて、基礎が完成した状態です。

この基礎の写真をみて「おや」と思う方はするどい。

普通の住宅の基礎に較べて、実はかなり深い基礎になっています。その「ヒミツ」については徐々にお話しますが、今回の基礎の工法は「基礎内断熱」を採用しています。

これは、床下にあたる基礎部分に外気が入らず、屋内と空気を循環させる工法です。この工法のメリット・デメリットはありますが、メリットは床下が底冷えしない事などその他にもありますが、デメリットでいうなら「本当にこの工法を理解している設計士・工務店が現場に携わっているかどうか?で出来栄えが全然変わる」ということを挙げる事が出来ます。

詳しい事をこの紙面で言うのは難しいのですが、もしこれから家を建てようと思っている方が「基礎内断熱工法」を採用するようでしたら、設計士や工務店の実績を確認し、実際施工した家に住んでいる人の住み心地を確認する事をお薦めしますよ。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「家づくり現場」のコラム

クライアント訪問 T邸(2008/05/28 11:05)

完成まで後2週間(2007/10/27 12:10)

外壁と断熱の考え方(2007/10/04 15:10)

中間検査(2007/09/02 09:09)