自邸改修記15…雨の跳ね返りは400mm - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

佐山 希人
佐山建築研究所 一級建築士事務所 代表取締役所長
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自邸改修記15…雨の跳ね返りは400mm

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
自邸改修

2階屋上にある物置小屋の足もとを切開してみる。仕上げから、左官材、ダイライト、寸法調整用の針葉樹合板、FRP防水。基礎は最低でも地面から40cm 立ち上げ、雨水の跳ね返りで土台が濡れないようにするのが定石。同じように屋上などの床面からの防水立ち上がりを最低でも40cm以上とすることが求められ る。ちょうど写真では床から50cm程度のところにカッターを入れた。床から30cmほどのところまで水が廻り合板が腐朽している。その上の合板までは腐朽していない。FRP防水も60cm程度まで立ち上げているので、問題なかった。それにしても水が回りそうな部分に合板を使うのはNGである。ダイライ トは腐るものではないので、ほとんど無傷なのが印象的である。

このコラムに類似したコラム

透湿防水シート 松永 隆文 - 建築家(2012/06/21 08:54)

透湿防水シート 松永 隆文 - 建築家(2012/03/26 20:27)

土砂のすき取り 松永 隆文 - 建築家(2014/06/11 17:22)

透湿防水シート 松永 隆文 - 建築家(2014/05/02 18:06)

テレビ東京の朝の番組で放映されました 栗原 守 - 建築家(2013/11/19 10:45)