自邸改修記14…外部にはSUSのビス・釘を - 長寿命・200年住宅 - 専門家プロファイル

佐山 希人
佐山建築研究所 一級建築士事務所 代表取締役所長
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
田中 伸裕
田中 伸裕
(建築家)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自邸改修記14…外部にはSUSのビス・釘を

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 長寿命・200年住宅
自邸改修

2010年7月2日(金)

土台廻りは下からの水の吸い上げで腐朽していたため、2階の梁廻り、3階床の梁廻りを帯状に切り開きすべてをチェックすることにした。何らかの理由で水が 回った形跡はあるものの腐朽に至っている部分はなく構造体は問題なかった。しかし、少量でも一度水が回ると抜け道がないこの工法はやはり躯体には良くな い。透湿防水シート、外壁のダイライト、仕上げ左官材のホワイトVも湿気は外に逃がすが外部からの水は中入らないゴアテックスのような特徴があるとうたっ ているが乾燥に至るまでには時間がかかるだろう。また、それらの水が出ていく機能があるということは固定する釘やビスもステンレスを使うのが必須。写真に ある鉄製の釘は錆が始まっており長い年月でいずれは固定機能が果たせなくなる時も来ると思われる。

このコラムに類似したコラム

日本の家は湿気や揺れとの戦い 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2012/12/11 15:00)

気になる隙間の裏側 信戸 昌宏 - 建築家(2014/04/22 12:00)

猫と子供と暮らす家の木工事が進んでいます。 一條 美賀 - 建築家(2012/12/04 14:25)

Pike 定例3  土台敷き始まる。 嶋崎 眞二 - 建築家(2011/03/05 20:49)

外壁が白くなりました? 信戸 昌宏 - 建築家(2011/02/20 12:00)