“坪○○万円”ってほんと~に当てになりますか? - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

遠藤 浩
遠藤浩建築設計事務所 
埼玉県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

“坪○○万円”ってほんと~に当てになりますか?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
住宅

皆さんが工事費の比較で「高い!」とか「安い!」とかの判断材料にしている “坪○○万円”という言葉は良く使われていますが、ほんとうに“坪○○万円”は、当てになるものなのでしょうか。

実は工事をどこまで含んでいるかによって、たとえば、「坪30万円で出来ます。」とも言えるし、「坪60、70万円で出来ます。」とも言えてしまいます。

1. 地盤改良杭工事

2. 外構工事

3. 浄化槽設備工事

4. 宅内上下水道引込工事

5.ガス引込工事

6.造り付け家具工事

7.冷暖房工事

8.照明器具工事

9.カーテン工事

10.その他特別な工事

場合によってはこれだけの工事を含まないこともあり、およそ坪10万~30万円は違ってきたりします。

皆さんの考え方、要望、諸条件が違うように、坪単価(坪○○万円)も違います。

家を比較するのに、同じ工事範囲、同じグレードのもの同士というシュチエーションがまずないので、“坪○○万円”だけで比較するのは、チョット難しいかもしれません。

余談ですが、現場監督によるシッカリした管理がなく、安く叩いた職人さんを使えば、工事費が低く抑えられ、安い坪単価をたたき出すことも可能です。
何だかんだ言ったって、安いのが一番という方には、人それぞれの価値観ですので、そのような品質もアリかなと思いますが・・・。

このコラムに類似したコラム

自邸の耐震改修 福味 健治 - 建築家(2013/01/10 08:42)

住宅の依頼先の見つけ方1・・・どこに頼むのが安いか 角倉 剛 - 建築家(2012/08/08 19:22)

家づくりが堂々巡りする原因とは? 小川 勇人 - 建築プロデューサー(2011/04/21 18:59)

「顔の見える家づくり」が本当の安心 奥山 裕生 - 建築家(2011/02/27 01:00)