設計事務所とハウスメーカーどこが違うのでしょうか? - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

遠藤 浩
遠藤浩建築設計事務所 
埼玉県
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

設計事務所とハウスメーカーどこが違うのでしょうか?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
住宅

今更ですが、良く比較されるハウスメーカーとの違いです。

 

まず 設計の進め方が違います。

ハウスメーカーでは自由設計といってもパターンが決まっています。

しかし システム化されていますので、システムに合いさえすれば、さまざまな先の見通しが立ちます。

プランも直ぐ出来るし、工事費も早い段階でわかります。

そこで、契約となるわけです。

 

 

設計事務所は 最初に概略をヒアリング、スケッチし契約をしていただきます。

それから、お施主さんといっしょに2人3脚で試行錯誤しながら練り上げていきます。

全てがオーダーで出来、他にはないその方だけの家を創り上げるわけです。

工事費に関しても同じように、いっしょに、必要なもの不必要なものを選り分けながら調整していきます。

 

2つ目は 設計料が違います。

ハウスメーカーでは 設計料的なもの(設計料、システム開発費、宣伝費、営業経費、展示場の経費等)総工費の30~35%が工事額に含まれています。(特に見積項目があるわけでなく 全体に行き渡って入っています。)

有名女優を使ったCM、展示場の住宅、立派な社屋、多くの営業マン、システム開発などいろいろな経費がかかるのでしかたありません。

2000万の家は 2700万に、3000万の家は 4050万位になります。

設計事務所で“いっしょに創って行きましょう”というのと違い、自動車と同じように メーカーが商品化した家を与えてくれる、提供してくれるものなので、お施主さんにとって、マイホームを手に入れる行為がかなり楽になります。

 

 

一方 設計事務所では、総工費の10~15%位が設計料ですので、金額だけの比較では、これだけの開きがあります。ただ、いっしょに創って行かなくてはならないので、大変です。商品をポン!と買うのとは分けが違います。

 

3つ目は プランが違います。

ハウスメーカーは、6帖、8帖、10帖というような部屋を並べ、機能を満たしていくプランの作り方です。あまり難しくは考えず、誰にでも分り易いプランが出来ます。

 

設計事務所では その敷地が持っている固有の条件を読み取り、光や風の入り方や 四季の過ごし易さ、気持ち良さを考えます。そして家族の関わり合い方を演出したり 使い勝手等を考慮しながら 微妙にプランを変えつつ全体の構成を考えていきます。

そこに その方だけの家が 誕生するわけです。

システム化では 割り切れない設計者のセンスが発揮されます。

それを 最初から最後まで その設計者がトータルで設計監理することで完成させます。

 

さて、あなたならどちらにご自分の家を託されますか?

このコラムに類似したコラム

狭小地での集合住宅計画・木造重層長屋(続) 岩間 隆司 - 建築家(2015/12/30 13:53)

ただいま準備中!朝日住まいづくりフェア2015 三竹 忍 - 建築家(2015/06/03 12:57)

つねに勉強 情報収集 新しい仕様 岩間 隆司 - 建築家(2014/10/03 14:52)

渋谷をめぐる ひとつのライフ・スタイル 岩間 隆司 - 建築家(2014/09/28 13:58)