相続に関する豆知識  第3回 - 遺産相続全般 - 専門家プロファイル

FP&COACHING 代表
愛知県
ファイナンシャルプランナー
080-8760-0891
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

藤宮 浩
藤宮 浩
(不動産コンサルタント)
竹内 敬雄
竹内 敬雄
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年08月16日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相続に関する豆知識  第3回

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 遺産相続全般
FP

今回は、自宅などの居住用の宅地を相続した場合に、

評価が下がる特例について、お伝えしたいと思います。

 
正式には「小規模宅地等の評価減の特例」のうちの、
「特定居住用宅地等」の適用条件に当てはまるものについて、
適用されるものとなっています。
よって、建物ではなく宅地だけに適用されるものとなります。
 
難しい用語ですが、細かい点は除き、
ざっくりと簡単に言えば、下記の通りです。
 
「亡くなった方の自宅用の宅地を相続する場合において、
配偶者や親族の方がこれからも住み続ける、
あるいは住むことにする居住用の宅地」
 
上記に当てはまる場合には、
240平方メートルまでは宅地の評価が80%減額されます。
 
よって、本来の評価が2000万円であっても、
実際に課税される場合の評価額は400万円に減額されるため、
自宅を相続した場合には、
相続税を支払う可能性は低くなってくるわけです。
 
なお、この他にも、
「事業用」、「貸付用」の宅地に適用される特例もあります。
 
 

相続のことなら、「相続おたすけネットワーク」

http://www.souzoku-otasuke.net/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(愛知県 / ファイナンシャルプランナー)
FP&COACHING 代表

FP&COACHING(コーチング)であなたの夢の実現を応援します

FPのスキルとコーチングのスキルをもとに、マネーコンサルタント、ライフコンサルタントとして活動しています

080-8760-0891
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「FP」のコラム

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

このコラムに類似したコラム

子どもら名義の預金の取扱いにご用心 酒井 尚土 - 弁護士(2014/05/14 10:16)

【相続税質疑応答編-33 相続開始の日の判定】 近江 清秀 - 税理士(2013/04/01 08:00)

<相続12>拡充される「小規模宅地等の評価減の特例」 祖父江 吉修 - ファイナンシャルプランナー(2013/03/21 22:15)

<相続11>引き下げられる「相続税の基礎控除」 祖父江 吉修 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/26 11:17)

小規模宅地等の面積制限の改正 大黒たかのり - 税理士(2013/02/22 08:51)