「ユーティリティ 」と洗面室 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

村上建築設計室 
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「ユーティリティ 」と洗面室

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
コラムあれこれ 自分に合ったスタイルの洗面室を考えてみよう
ユーティリティ(家事室)と洗面室。これらは切っても切れない関係にあります。

一般に、洗面室に洗濯機を置くケースが多いと思いますが、洗濯機は意外とスペースをとりますよね。
最近では洗面カウンターの下などに設置できるコンパクトなドラム式洗濯乾燥機も数多くあり、デザイン的にもすっきりとさせることができるようになってきました。
洗面室とユーティリティを一体化する最大のメリットは、省スペースです。
限られた面積に洗面・洗濯の機能を組み込みつつ収納量も確保するため、洗濯機上部に収納をつくるなど、空いているスペースをできる限り有効に活用することがポイントです。
(写真は「三田綱町のホワイトハウス」の洗面室です。)
 
一方、ユーティリティの機能を洗面室と切り離して考えてみましょう。
より面積が必要になりますが、「洗濯機が邪魔」、「洗濯物が常に干しっぱなし」…という状態が無くなり、生活感をなるべく排除した快適な洗面空間をつくることが可能になります。
また、掃除用流しやアイロン台を兼ねた作業台、室内干しスペースを設けるなど、ユーティリティ機能をより充実させることもできますね。
これ以外にも言えることですが、表の部分と裏の部分の両面をきちんと確保することが、より快適な住まいにつながるのではないかと思います。

シリーズをよむ

村上建築設計室

※このコラムは晴海デザインセンター「ハウジングコラム」にて執筆したものを若干修正しております。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
村上建築設計室 

時間が経つごとにその土地に根付いていく、そんな家を創ります

東京・青山にて夫婦で設計事務所を開設。機能的で自然な美しさを持つ、時に淘汰されない建築を目指しています。光や風、日常の瞬間が美しく感じられる空気感を大切にし、その空間に触れた人々が豊かで幸せになれるよう、少しでも貢献したいと思っています。

カテゴリ 「コラムあれこれ」のコラム

「トイレ」と洗面室(2007/08/02 00:08)

「浴室」と洗面室(2007/07/24 00:07)

洗面室ってどんな場所?(2007/07/20 00:07)