日本の国債バブル - 家計診断・家計の見直し - 専門家プロファイル

森 久美子
エフピー森 代表 
神奈川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本の国債バブル

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計診断・家計の見直し
最近の出来事

 こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。

   お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。

 

  日本の国債がバブルなのではないか?と言われはじめてから、ずいぶんたつように思います。

 代表的な日本国債である、新発10年物国債の金利は、過去10年間以上ほぼ1%~2%の間で推移しています。日本の株式市場が低迷して、国内の銀行、生保、年金運用などの資金の大半が安全資産である日本の国債マーケットに流れたことが原因です。

 金利が低いということは国債の値段が高いことを意味します。みんなが国債を買いたいと思い、買い続ければ、低金利でも高い値段で国債が売れるからですね。

 おまけに国内保有率は、ついに95%を超えました。言いかえれば日本国債に占める外国人の割合は5%くらということ。自分たちでせっせと買うことで、世界有数の借金国家でありながら低金利・高価格の国債が維持されているのですね。

 国債を日本人が直接・間接的に買い続ける間は続くかもしれませんが、永遠に続くバブルはなく、いつかこの状況にも終わりがくると想像できます。

 そのとき、どんなことが起きるのか?を想定して、ライフプランを考えてみるのも大切なんじゃないか、と思うこのごろです

 

 森久美子が提案する家計見直しプロジェクトhttp://fpmori2.blog89.fc2.com/blog-entry-18.html

 

 森久美子の暮らしレシピhttp://fpmori.blog13.fc2.com/

このコラムに類似したコラム

2人以上の世帯の平均貯蓄額は1,664万円です 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/09/04 10:00)

日本が先後国(せんこうこく)に!? 三島木 英雄 - ファイナンシャルプランナー(2012/04/17 11:09)

国債及び借入金並びに政府債務残高現在残高1000兆円超 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/04/19 10:00)

消費税と今後のシナリオ 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2012/02/05 14:39)

IMFが日本へ苦言を呈してきた 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/06/13 11:59)