米国特許判例紹介:特許権侵害と差止請求権(第8回) - 特許 - 専門家プロファイル

河野 英仁
河野特許事務所 弁理士
弁理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:特許・商標・著作権

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

米国特許判例紹介:特許権侵害と差止請求権(第8回)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 特許・商標・著作権
  3. 特許

米国特許判例紹介:特許権侵害と差止請求権
   〜230億円の損害賠償と永久差し止め〜(第8回) 
   
河野特許事務所 2010年7月17日 執筆者:弁理士  河野 英仁

               i4i Limited Partnership, et al.,
              Plaintiffs- Appellees,
                 v.
               Microsoft Corp.,

               Defendant- Appellant.

【関連事項】
判決の全文は連邦巡回控訴裁判所のホームページから閲覧することができます
[PDFファイル]。
http://www.cafc.uscourts.gov/opinions/09-1504.pdf

【注釈】
*1 特許庁HP
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/shiryou/s_sonota/fips/mokuji.htm

米国特許法第283条の規定は以下のとおり(なお、日本語条文中の下線は筆者において付した)
「35 U.S.C. 283 Injunction.
The several courts having jurisdiction of cases under this title may grant injunctions in accordance with the principles of equity to prevent the violation of any right secured by patent, on such terms as the court deems reasonable.」
*2 eBay Inc. v. MercExchange, L.L.C., 547 U.S. 388, 394 (2006)
*3 449特許のクレーム14は以下のとおり。
A method for producing a first map of metacodes and their addresses of use in association with mapped content and stored in distinct map storage means, the method comprising:
providing the mapped content to mapped content storage means;
providing a menu of metacodes; and
compiling a map of the metacodes in the distinct storage means, by locating, detecting and addressing the metacodes; and
providing the document as the content of the document and the metacode map of the document.
*4 i4i Ltd. v. Microsoft Corp., No. 2009-1504 (Fed. Cir. Sept. 3, 2009)
*5 Acumed LLC v. Stryker Corp., 551 F.3d 1323, 1327-31 (Fed. Cir. 2008)、
詳細は、拙稿「米国特許判例紹介第20回永久差し止めの要件」知財ぷりずむ2009年3月号p111-p115経済産業調査会知的財産情報センター参照 http://www.knpt.com/contents/cafc/2009.2/2009.2.html
*6 Voda v. Cordis Corp., 536 F.3d 1311, 1329 (Fed. Cir. 2008), 拙稿「米国特許判例紹介第16回均等侵害と故意侵害」知財ぷりずむ2008年11月号p56-p63経済産業調査会知的財産情報センター参照
http://www.knpt.com/contents/cafc/2008.10/2008.10.html
*7 Innogenetics, N.V. v. Abbott Labs., 512 F.3d 1363, 1379-80 (Fed. Cir. 2008)



 
ソフトウェア特許に関するご相談は河野特許事務所まで

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

米国特許判例紹介 (第3回) 河野 英仁 - 弁理士(2012/11/26 14:00)

米国特許判例紹介 (第1回) 河野 英仁 - 弁理士(2012/11/19 14:00)