他の人と服装が”かぶる” - ファッションコーディネート - 専門家プロファイル

タナカ マミ
アレンジアップ エム 
滋賀県
パーソナルスタイリスト
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

他の人と服装が”かぶる”

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. ファッションコーディネート
パーソナルスタイリストサービス ファッションコーディネイト代行+ショッピング同行

合コンなどで頻発

 

このコラムを読んでいただいている女性のみなさんが、たとえば合コンに行かれた時、

最も避けたいのが「コーディネイトがかぶってしまう」ことですよね。

これ、最悪ですね

せっかく頑張ってオシャレをしても、他の人が自分とほとんど同じ服装をしてきた時のショック…

周りの人の空気も引き気味で、これほど嫌なことはありません。

にもかかわらず、これが結構あることなんです。

みなさんの周りでも、きっと実例ありますよね。

友達同士事前に打ち合わせできればいいんですが、いつもそういうことができるとは限りません。

 

 

なぜ”かぶる”のか、その理由

 

理由は、「情報源がニアミスしているから」です。

ネット・雑誌には「最新モテ★コーデ」とか「モテ色はこれ!」などの特集が満載です。

テレビや映画も「流行」のコーデをした女優さんたちで溢れています。

服装を決めるとき、良し悪しは別として、これらの情報に大きく影響されます。

人気のサイト・雑誌・テレビは多くの人に見られているのです。(もちろん私も見て参考にしています)

多くの人が影響を受けて、当然、同じ服装になってしまう確立は高くなります。

ましてや「モテる」という目的がはっきりしている合コンというシチュエーションでは、さらに高確率化します。

 

これに加えて「なぜ見た目をよく(キレイ)にしたいか」と思う理由による要因があります。

見た目をどうするか決めるとき、人からよく(キレイ)に見られたいというより、自分の見た目に自信を持ちたいという気持ちは、

女性のほとんどが持っています。

そして「自信が持てる外見」とはつまり

「多くの人と同じぐらい(キレイな)外見」をすることになります。

 

つまり、「自分の外見に自信を持つために、周りと同じ「モテる」服装をし、合コンの席でまともに服装がかぶる」

ということになってしまうのです。

 

 

かぶらないコーデとは

では、どうすればいいんでしょうか。

これまでの考え方を変える必要はありません。

ですが、「プラスアルファ」が必要です。

 

周りの人がしている、流行の服装をしていても、スカーフやコサージュでのワンポイント使い、

また、体型によってベルトを足したり、丈を変えて着こなしたりして

合コンに出席したとき「差別化」しておかなければなければなりません。

 

自分で思いつくことがあれば何でも実践してみましょう。

でも、「人と違うこと」で「これでいいのかなぁ…」と疑心暗鬼で自信が持てない場合や、

そもそも思いつかないという場合は、プロの手を借りましょう。

直接スタイリストに見てもらうことで、ネットや雑誌・テレビには載っていない、「あなたに合った」プラスアルフェをコーデに取り入れてもらえます。

「専属スタイリスト」にやってもらったのであれば、周りがしてないことでも、コーデに自信も持てます。

 

合コンでの、本当に素敵な男性との貴重な出会いは、大切にしたいですね。

 

 

このコラムに類似したコラム

好印象の近道~職業とのバランス~ 吉武 利恵 - 人の印象の専門家(2015/03/02 11:00)

歩き方は生き方 Noriko - マスターウォーキングインストラクター(2013/09/17 08:26)

パーソナリティにピッタリの印象 吉武 利恵 - 人の印象の専門家(2013/09/30 11:00)

◆新年のご挨拶◆ 有馬 菜々子 - イメージコンサルタント(2012/01/06 18:55)

「自分らしい」に出会うまで~自分軸&客観的~ 有馬 菜々子 - イメージコンサルタント(2011/11/02 20:21)