チェック項目 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

チェック項目

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
●住宅性能表示制度 ☆維持管理性能
 維持管理等級とは排水管・給水管・ガス管の全面的な交換が必要となるまでの期間内に実施される点検・清掃・補修のし安さをいいます。

等級1は2・3に満たないものであり、現状では法的な基準がありません。

等級2は
 イ 配管をコンクリート内に埋め込まない(基礎立ち上がり貫通部を除く)
 ロ 地中埋設管上にコンクリートを打設しない(外部土間コンを除く)

等級3はイ・ロに加え
 ハ 排水管に掃除口又は清掃出来るトラップを設置する。
 ニ 設備機器と給排水管の接合部が隠蔽されている場合、点検清掃の出来る開口を設置する

となっています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●住宅性能表示制度」のコラム

コメント(2007/07/07 23:07)