税理士業務と法人の決算期の関係とは ? - 顧問税理士・会計士 - 専門家プロファイル

飯田 幸洋
飯田幸洋税理士事務所 所長
東京都
税理士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

税理士業務と法人の決算期の関係とは ?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 顧問税理士・会計士

 " 税理士事務所に、仕事を依頼しようと思っています。
  確定申告の時期は忙しそうですので
  時間がありそうな時を考えていますが
  忙しい月や暇な月はいつ頃ですか ? "


皆さまは、税理士が「季節労働者」であることを
ご存知でしょうか。

12月 ・・・ 年末調整  
 1月 ・・・ 支払調書・償却資産税の申告
 3月 ・・・ 個人「確定申告」  

と続きますが、また
この時期は法人の「確定申告」が多い時でもあります。

国税庁の統計資料によると
年1回決算の場合
事業年度 終了月は      
3月が一番多く 
6月、9月、12月と続きます。
中小企業は 事業年度終了後
2ケ月後に申告のため
5月、8月、11月、2月が 忙しくなります。
それに 上記の年末調整等を加えると
8月を除けば、11月から5月までが
税理士事務所の繁忙期となります。
逆に、6月から10月は 事務所にもよりますが、
比較的 時間に余裕があるので
新規開業や決算期の変更を考える場合、 
税理士からすると有り難いことが多いのでは
ないでしょうか。
忙しい月の決算はどうしても時間が
かけられなくなります。

勿論、大事な決算月を
税理士事務所にあわせる必要はありませんが
もし、いつでも構わないなら
それも一つの方法かもしれません。
また、新規や複雑な案件も この時期なら
引き受けて貰える可能性も高くなりますので
依頼する時期も重要になってきます。
それを知っているかどうかで
その後のことに差がでてくることもあります。


税理士側のこんな事情を
知っておいても損はないですよ。

 

このコラムに類似したコラム

☆確定申告だけじゃない会計事務所利用のメリット 岸井 幸生 - 公認会計士・税理士(2014/01/23 08:00)

さて本番!今日から確定申告の受付開始 岸井 幸生 - 公認会計士・税理士(2012/02/16 19:04)

★決算時の駆け込み~将来型はこうする(27) 岸井 幸生 - 公認会計士・税理士(2013/10/04 13:51)

脱税事件が・・・ 平 仁 - 税理士(2013/03/05 22:56)

確定申告のお客様からいただいたお言葉~将来型はこうする(22) 岸井 幸生 - 公認会計士・税理士(2013/03/04 13:59)