一歩上行くコーディネート - ファッションコーディネート - 専門家プロファイル

深井 学
Glitter Style 代表
東京都
パーソナルスタイリスト
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

一歩上行くコーディネート

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. ファッションコーディネート
ファッションコーディネート

今あちこちで「アイテムの組み合わせ方」などについての情報は溢れています。

それらの情報ならば皆様も沢山ご存知のことでしょう。

今更あえてここで語るまでも無いと思います。

 

そこで、私からは

皆様がご存知の情報を、より有効に使えるようになる

 『もう一歩上のランクへ進む為』の 「要素」について

お話しさせて戴きましょう。

 

イメージを形作る要素

アイテムそれぞれの調和具合、総合点が「イメージ」になることは以前お話ししましたが

全体を一度で見渡すのは、なかなか難しく思えてしまったりもします。

 

そこで今回のお話し 『 シルエット 』

 

・・つまり全体の形状です。

どれだけ良い組み合わせであっても、サイズが合っていなければ

台無しとなってしまうように

 

「かたち(シルエットライン)」 にも、

美しく見えるかたちと そうでないかたちがあります。

 

 

このシルエットへの意識をするには必ず

 「全身を 鏡で 見る」必要があります

 

これがポイントです。

全身を鏡で見る、ということは自ずと全体・・トータルイメージへ意識がいきます。

これが 『自分への意識』 と 『全体を見渡す目』 を高め

『調和を見るタイミング』になります。 

ぜひ、覚えて下さい。 スタイルの精度が劇的に高まります。

 

シルエットは多数ありますが、主だったものは

“A” や “Y” のように

アルファベットの形状そのもののかたちを示していたり

“ベル” や “エッグ” “バレル” など物の形状そのもので示します。

 

 

「全体を見た際、その形状をとっているか?」

 

が、シルエットを意識しているか否か です。

当てはまるものがない、こじつけになるようでは

「美しく見えるかたちではない」 のです。

 

男性服装の中で代表的なものについて、次回簡単に紹介させて戴きます。

※こちらのコラムでは、画像をそれぞれに添付できない為

 口頭のみで申し訳ございませんが

 「文字通り」のかたちなのでイメージは付くであろうと思います。

 

このコラムに類似したコラム

男性でもいいんですか? 安田 紀子 - カラーコーディネーター(2013/05/10 12:33)

ファストファッションでジェントルマンに変身!40代男性編2。 スムース - パーソナルスタイリスト(2012/11/15 10:00)

ファストファッションでジェントルマンに変身!40代男性編。 スムース - パーソナルスタイリスト(2012/11/14 10:00)

ビジネス・スーツとは? 3 吉武 利恵 - 人の印象の専門家(2010/08/09 11:00)

ビジネス・スーツとは? 2 吉武 利恵 - 人の印象の専門家(2010/08/02 11:00)