「A・H・V・Y」(アーヴィー) - ファッションコーディネート - 専門家プロファイル

深井 学
Glitter Style 代表
東京都
パーソナルスタイリスト
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「A・H・V・Y」(アーヴィー)

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. ファッションコーディネート
ファッションコーディネート

少し間が開いてしまいました・・。

 

男性用の主なシルエットについて、代表的な四つのかたち

「A・H・V・Y」 の特徴と説明についてお話しさせていただきます。

これらの「シルエット」を使うことで、体型の気になる部分をカバーしたり

ポイントを強調したりもできます。

シルエットを使いこなせば 『雰囲気から』 格好よくなります。

 

Aライン ・・ 上半身をタイトに、下半身をゆったりめに

 〇スポーツなどをされていて、下半身が逞しい方が

  すっきりとスマートに見せる

 〇細身のあまり、女性的に見えすぎるのが気になる方が

  男らしさを出す際に

 

 上半身をジャストサイズ、かつややタイトめにし、下半身をフレアパンツやワイドパンツにするのが

 現代版Aライン。

 

Hライン(ストレートライン) ・・ 上半身から下半身まで直線的でストンとしたシルエット

 〇恰幅の良い方がスッキリとシャープに見せたい際

 〇細身の方が逞しさを見せたい際

 

 ストレートラインをIラインと呼称することもあるようですが

 正式にはこちらです。

 

Vライン ・・ 肩をしっかりと張った、ウエストに絞りを入れた上半身、テーパードの効いた先細りの下半身

 (スーツ、ジャケットスタイルでよく見られるシルエット)

 〇男らしさを強調したい際

 〇しっかりした頼りがいのあるイメージに見せたい際

 〇体躯の良い方がスマートに見せる際

 

Yライン ・・ 上半身を少しルーズに、下半身をタイトに

 〇モード感や個性派な印象を強めたい際 

 

 どちらかと言えば細身の方専用。昨今トレンドだった80's風などの

 雰囲気を出すにも良いです。

 

 

これまでご存知の組み合わせ方と、合わせてお考え下さい。

一歩洗練したスタイルになります。

 

ちなみに「シルエット」にもトレンド・流行があり、毎シーズン変動しています。

かたちを見れば 『今年のもの』か『去年(以前)のものか』 分かるのは

その為です。

 

 

このコラムに類似したコラム

スーツの着こなしポイント 2 吉武 利恵 - 人の印象の専門家(2010/09/27 11:00)

ビジネス・スーツとは? 2 吉武 利恵 - 人の印象の専門家(2010/08/02 11:00)

男性でもいいんですか? 安田 紀子 - カラーコーディネーター(2013/05/10 12:33)

ポケットチーフは何色にする? 安田 紀子 - カラーコーディネーター(2013/04/27 10:11)

クールビズをスーツで乗り切る! シャツの選び方 悠木 そのま - ブランドコンサルタント(2012/07/21 00:49)