においを感じにくいのはアルツハイマーの徴候? - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

吉川 祐介
Wecareカイロプラクティック&ナチュラルケア 院長
カイロプラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

吉川 祐介
吉川 祐介
(カイロプラクター)
井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
関村 順一
(鍼灸マッサージ師)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

においを感じにくいのはアルツハイマーの徴候?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
健康雑学
アルツハイマー病になった患者さんは、ニオイがわかりにくくなることが知られています。最近、マウスを使った研究では、アルツハイマーの原因となる脳へのアミロイドという物質の蓄積と、嗅覚の低下に直接的な関連があることが明らかになりました。

研究したのは、米ニューヨーク大学医学部のDaniel W. Wesson氏らのグループ。先生たちは、一番最初にアミロイドが貯まるのが嗅覚をつかさどる部位であることを突き止めました。また、アミロイドが溜まったマウスはにおいを嗅(か)いで覚えるのに時間がかかり、異なるにおいの嗅ぎ分けにも困難を伴うことが判明しました。

嗅覚の低下は、少しのアミロイド蓄積でも起こるので、早期のアルツハイマー病発見につながる可能性があるということです。

医学誌「Journal of Neuroscience(神経科学)」1月13日号

高齢の方で、ニオイがわかりにくくなったということを訴えられる方が時々いらっしゃいます。多くは、鼻粘膜への感染やアレルギーなどのことが多いようなのですが、慢性的な場合にはアルツハイマー病なども疑うことになります。


吉川祐介ウイケアカイロプラクティック