税金1,000円の使いみち - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルティング 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

税金1,000円の使いみち

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
最近税金の調べることが多く国税庁のHPをよく見ますが、「税金1,000円の使いみち」というのがあったのでご案内します。

私たちが納めた税金はどのような使われ方をしているのでしょうか?

平成21年度の一般会計予算(当初)での「税金1,000円の使いみち」
・280円→わたしたちの健康や生活を守るため
・229円→国債を返したり利子を支払うため
・187円→県や市町村の財政を調整するため
・80円→道路や住宅の整備のため
・60円→教育や科学技術をさかんにするため
・54円→国防のため
・9円→恩給の支払いのため
・7円→発展途上国の経済援助のため
・94円→その他

いかがですか。それぞれの価値観でいろいろな考え方があるでしょうが、私は利息の支払いの割合が多すぎると感じました。また恩給の支払いは何?とも感じました。
私達の大切な税金です。上手に利用してもらいたいですね。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。