人と人を近づける炎のある暮らし - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

アトリエ137 
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人と人を近づける炎のある暮らし

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
アイテム 薪ストーブ・暖炉
昨日に続き、暖炉&薪ストーブのお話。

皆さんは、暖炉や薪ストーブ・・炎を囲んで、という経験ありますか?

パチパチッという音・・

揺らめく炎・・

なんだか気持ちもリラックスして、癒されます。
そんな炎を前に眺めているだけで、会話が弾んだり、人の距離もぐっと近くなるように感じます。

人は川のせせらぎや雲の動きなど、自然界の動きのある現象には、癒されます。(よね?)
これは注意を引きつつも、「無意識」でいられるためなのだそうです。
それと同じような効果が、「暖炉の炎」にもありそうです。

古来から火は生活に欠かせない道具でもありましたが、
最近では IH クッキングヒーターを選択するかたも増えてきて、
暮らしのなかから火が消えつつあります。

火を見たこともないという子どもが出てくる日も近いかもしれません。


「火を焚くよぉ!」


という声に暖炉に集まってくる小さな子どもたち。

キッチンも IH クッキングヒーターにすることが多くなった今、
子どもたちが火と向き合う場所は暖炉なのかもしれません。

さてさて、今日のお話。
「暖炉の火が心理や行動に与える影響の研究」として、大阪ガスで実験?がされていてます。
http://www.osakagas.co.jp/html/danro/index.htm?n=1


やっぱりそうなんですよねぇ〜 (^-^)/


炎のある暮らし・・癒されますね。


ますます暖炉がほしくなりますっ!

or

薪ストーブ?!


アトリエ137のオフィシャルHPもご覧ください!
http://www013.upp.so-net.ne.jp/atelier137/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
アトリエ137 

シンプルでナチュラル。気持ちのいい空間を創ります

家は明るく、楽しく、気持ちよくが一番です。より豊かで快適な生活を楽しむための家づくり。住まい手の生活スタイルや敷地の周辺環境を生かした空間づくりを心がけています。「やさしい空間の中に、凛とした空気を感じる」と感想をいただきます。

カテゴリ 「アイテム」のコラム

ストーブの居場所(2009/12/25 08:12)

薪ストーブの居場所(2009/12/24 08:12)

暖炉の居場所(2009/12/23 08:12)

炎が人と人とのつながりを(2009/03/03 20:03)