縁に気づき、活かせるか? - 対人力・コミュニケーションスキル - 専門家プロファイル

宮本 ゆかり
マイウェイネットワーク 
ビジネススキル講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

縁に気づき、活かせるか?

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 対人力・コミュニケーションスキル
夢を実現する力 会いたい人を引き寄せる
『小人は縁に出合って、縁に気づかず、
 中人は縁に出合って、縁を活かさず、
 大人は袖触れ合うた縁をも活かす。』

こんな言葉がありますが、ここで教えられている真理は、常日頃から深く心に刻み、日常生活の中で実践していきたいと強く願う教訓です。

私自身は、学歴も特別な才能もありませんので、まさに人様のご縁を活かして、ご協力をいただく以外に、自分の人生がより良く生かされる道はないと思っています。

例えるなら、昔話に出てくる『ワラしべ長者』のような人生です。
最初、縁あって手にしたのが1本のワラであっても、それを大切に活かしていくことで、
ワラから→みかん→着物→馬→屋敷・・・という具合に、より価値の高いモノを手繰り寄せて、最終的に自分の実現したいことに到達していけるようになるのです。

最近、こんなことがありました。

実は私は、2010年の上海万博で『お母さんサミット』というイベントを開催したいという夢があります。
この夢を実現するために、これまで上海でいろんな関係機関を当たってみましたが、今ひとつ決定を下せる方との出会いがありませんでした。

そこで今回、日本での滞在期間中も、ずっと願望をもち続けて「私、お母さんサミットがやりたいんです!」という発信を続けていきました。

すると、〔ここでは詳細なプロセスは割愛して結論だけ書きますが〕、日本政府を代表する最終決定機関「経済産業省」のトップのキーマンにお会いしてプレゼンすることができたのです。
〔出演させてもらえるかどうかの最終結論はまだ出ていませんが、とにかく、訴えるべき一番のキーマンに会えたのですから、この方以上の見込み相手はいません〕

どうしてこんなふうに一介の主婦が、雲の上のような存在に出会えたのか?

それは、『ワラしべ長者理論』のお陰です。〔笑〕

〔大変失礼な例えで恐縮ですが・・・〕
最初の“ワラ”は、ある一人の大学生です。
私よりもはるかに年下の“男子学生”との出会いを大切にしていたところ、やがて彼が就職して社会人になり、就職した会社の“上司”を私に紹介してくれました。

更にその上司の方が、その会社の“社長さん”を私に紹介してくださいました。

その後、その社長さんとのご縁を何年か大切に育んでいきました。

そして今回、日本で再会したことをきっかけに、私の夢を語ると、社長さんは、親しくしている、ある“国会議員”の方を紹介してくださいました。

国会議員の方に万博での構想を語ると、「万博の管轄は経済産業省だから・・・」と、お知り合いの官僚を紹介してくださいました。

その方こそが、私が一番会いたかったキーマンだったのです。

このご縁の流れの中で、金銭的な授受や私利私欲、利害関係は一切ありません。

ただ「日本を良くしたい。世界を良くしたい。お母さんを元気にしたい。
     お母さん発の世界平和を実現したい!!」

この志に、共鳴現象が起こっただけなのです。

この先、どんな展開になっていくのかはまだわかりません。

でも、ご縁がご縁をつないでいくと、とてつもない出会いが待っていることだけは確かです。