外貨MMFではできないこと - 公的年金・年金手続 - 専門家プロファイル

山中 伸枝
ワイズライフFPコンサルタント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:年金・社会保険

森 久美子
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

外貨MMFではできないこと

- good

  1. マネー
  2. 年金・社会保険
  3. 公的年金・年金手続
アンダー40の為の資産作り講座
外貨MMFは、為替手数料も一般的な銀行の外貨預金より安い点と、売買のタイミングの自由度が魅力でした。また外国の債券を購入するという選択肢もありました。

でも、外貨MMFではできないことがあります。

それは、外貨での引き出しが原則できない!のです。

一度無理やりやってみましたが、証券会社から例えば米ドルを引き出そうとすると、銀行の米ドル普通預金への振込みしかありません。通常の振込み手数料より、当然手数料も高くなり、割が合わないというのが正直なところです。

海外旅行や留学、ロングステイなど、運用した米ドルをそのまま「米ドル」として使うという人には、少し物足りないかな〜という感じです。

もし米ドルで使う、ということに重きを置けば、シティバンクは使いやすいでしょう。海外で利用可能なトラベラーズチェックは、すぐに発行してもらえるし、海外で使えるキャッシュカードもあります。それに海外送金も便利ですね。

「外貨を外貨のまま使う」ことを優先する方なら考えてみても良いでしょう。

でも、ちょっと手数料や金利の面を考えると・・・

次回は「使う」ことと「殖やす」こと両方楽しめる銀行をお伝えします。お楽しみに〜