寝室のポイント - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

平原 光人
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

山崎 壮一
山崎 壮一
(建築家)
奥山 裕生
(建築家)

閲覧数順 2017年06月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

寝室のポイント

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家づくりのノウハウ
一日の疲れを癒す場所ですので、快適に過ごせる
ように部屋づくりを検討する事が必要です。

■ベットにするか布団にするか
ベットの場合は、サイズと配置に注意をしましょう。
ベットの回りのスペースは50〜65cmくらいは
必要です。
布団の場合は、出し入れがスムーズにできるように
収納の仕方に工夫が必要です。寝具がゆとりをもって
収納できる設計をしましょう。

■音、光、外からの視線
隣家や道路の関係から音、光、外からの視線に考慮
することがポイントです。
特に、道路に面している場合は、騒音問題が挙げら
れます。遮音に優れたサッシや遮音壁を設置するなど
工夫するといいでしょう。
隣室の生活音は、収納スペースを利用することで解消
される場合もありますので、部屋づくりのとき検討
してみてもいいでしょう。

■衣類の収納スペースを確保
寝室が狭い場合は、クローゼットの扉を折りたたみ式や
引き戸にするのがよいでしょう。


一級建築士事務所 ナユタ
http://www.nayuta-co.com/

納得!暮らしの快適空間
http://www.kaiteki-kukan.net/