「くつろぐ+仕事」する部屋のポイント - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

平原 光人
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「くつろぐ+仕事」する部屋のポイント

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家づくりのノウハウ
くつろぐスペースと仕事をするスペースが
一緒に同じ部屋の中で行なう場合は工夫が
必要です。

くつろぐスペースでは、体をゆっくりと
休める空間です。
それに対して、仕事をするスペースでは
体を緊張させ精神を集中させる場となります。

この相反する性格のものを、ひとつの空間に
収めるためには、仕事をするスペースを独立
できるようにします。
家具や棚などで囲って、くつろぐスペースと
分離し、仕事机などは、部屋の中央ではなく
この独立スペースに配置するようにします。

こうすることによって、仕事を効率的に行なう
ことが出来るようになります。


一級建築士事務所 ナユタ
http://www.nayuta-co.com/

納得!暮らしの快適空間
http://www.kaiteki-kukan.net/