整体は「ありがとう」といわれ対等な関係の仕事(2) - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

笠井 文哉
株式会社アドバンス ベース 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

整体は「ありがとう」といわれ対等な関係の仕事(2)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
整体・療術業界における起業のメリット・デメリット
こんにちは。株式会社アドバンス・ベース笠井文哉(ぶんや)です。
整体をはじめとする療術業界での起業支援コンサルタントです。
高齢化社会に適した事業で、
あなたの豊かで自由なセカンドライフを実現しましょう。

私の経験では整体においては、顧客の7割程度からは
施術のたびに「ありがとう」という言葉を聞くことができます。

こんなに「ありがとう」といわれる職業はなかなかありません。

整体においては、なぜ、こんなことがおきるのでしょうか?

1つは、整体という社会的なポジションが関係していると思われます。

私の仲間の整体院を選ぶ患者さんには
「どこへ行っても、光明が見えずに、あきらめかけている人」
「どこへ行っても、自分のからだの悩みを聞いてもらえなくなった人」
が少なくありません。

私は、患者さんにとって
・そのような人の声に耳を傾け、
・その人たちのからだと対話し
・どうしたら、回復の道を歩んでいけるのかを探し、
・患者さんを導きながら、共に回復の道を歩んでいくパートナー
として整体業を営んでいます。

患者さんは、私のことを先生と呼びますが、
患者さんは、私よりも人生の先輩です。

お金の授受がある間柄でもありますが、
対等な立場でのおつきあいなのです。

そんな関係だからこそ、
整体師が一生懸命に施術する気持ちが伝わり、
患者さんから「ありがとう」という言葉が自然にでてくるのだと思います。


2つめの理由は次回に・・・・。