大人のピアノレッスンのポイント - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

藤 拓弘
リーラムジカ 代表
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

大人のピアノレッスンのポイント

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
ピアノレッスンのヒント集
最近では、大人の方でもピアノを習う方が多くなってきました。


・ピアノの音色が好き
・昔からの憧れだった
・これからの趣味として
・資格の取得のために


いろいろな理由がおありですが、ピアノを教える者として「大人のピアノブーム」は、
とても嬉しいことだと思っています。



大人のピアノレッスンのポイント


大人の方のレッスンでのポイントは、いくつかあると思いますが、
今回は、課題のあげ方について、私が思うところを書きたいと思います。


多くの生徒さんが知りたいことは、

「どのような練習が、上達への近道なのか」

ということだと思います。


せっかくピアノを習うのですから、早く上達したいと願うのは、
誰しも同じなのでは、と思います。


特に大人の生徒さんは、お仕事や日々の生活で忙しいですし、
なるべく効率的に練習することで、上達までの進度も速められます。



知りたいのは、自宅での練習法


大人の生徒さんのレッスンで大切なのは、効率よく練習するための、
「具体的な方法」を提示してあげることだと思います。



「家での練習方法が分からない」

という生徒さんがほとんどなのに、講師がそれに気づかないことも多いです。



具体的な練習方法を知る、ということは、いわば、

「目的地までの、最短の行き方を記した地図」

を手にすることと似ているかもしれません。


また、これにより上達への道が何となく見えてきますから、
モチベーションも上がります。



ですから大切なのは、レッスンの中で次のことを提示することです。



自宅で出来る練習方法を、1レッスンで最低3つ提案する



徹底的にさらう部分を、1ないし2箇所に限定して提案する





ここは、かなり「ピンポイント」に指摘する方が、
タスクが少なくて済みますから、やる気が出るようです。


あまりに練習範囲が広かったり、あいまいですと、
何をしたら良いのか、自宅での煩悶が始まってしまいます。



大切なのは、気軽に練習できることをイメージ付ける


ピアノは、どうしても練習することが上達には必須です。

ですが、そこに「苦痛」のイメージがあると、
なかなか練習しようという気が起こりません。



ですから、短い時間でも出来る練習法、気軽に楽しんでできる練習法を、
それぞれの生徒さんに「カスタマイズ」することが、ピアノ講師には必要です。


「これくらいなら、家で2分あれば練習できますね」


というような、「気軽さ」をイメージさせてあげることも大事かと思います。



何より大切なのは、「モチベーションの維持」です。

それをサポートしてあげる役割も、ピアノ講師にはありますね。




※私の活動に関しては、ピアノ教室コンサルタントの公式ホームページをご覧下さい。

※現在、ピアノ教室運営のエッセンスをメールマガジン「成功するピアノ教室」にて執筆中です。