部屋を広く見せるテクニック - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

平原 光人
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

部屋を広く見せるテクニック

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家づくりのノウハウ

■視線が抜けるラインをつくる


部屋を広く見せるためには、視線が抜ける
ラインをつくることがポイントになります。
部屋と部屋の間の仕切りをつくらないようし
視線が伸びるようにします。

どうしても間仕切りが必要なときは
ガラスなどの透明な素材を使ったり、
アコーデオンカーテンなどで仕切ったり
する。普段は、開けておき必要なときに
だけ仕切るようにします。
スケルトンタイプもありますので
利用するといいでしょう。

また、外の光景が部屋の端からでも見える
ようにすると広々と感じられます。


■部屋の内装や家具の配置にもひと工夫


壁面内装や床材を統一にすると、統一感が
出て広く感じられます。
色は、白系統がいいでしょう。

視線を妨げる場所に家具類は置かない。
家具は低いものを選ぶようにし、視線を妨げ
ないようにする。


一級建築士事務所 ナユタ
http://www.nayuta-co.com/

納得!暮らしの快適空間
http://www.kaiteki-kukan.net/