絆の つよさ と あやうさ - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社ソキウス 代表取締役
東京都
建築家
03-5735-9700
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

絆の つよさ と あやうさ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
都市の生活
ふっ としたことで
数年前に請けた ちょっとかわった仕事を 思いだしました。

分譲され 一年ほどたったあるマンションで、メンテナンスの
情報収集に各住戸の住人の聞取りをするので、建築士有資格者
であり第三者のわたしに 付き合ってほしいとのこと。
断る理由もなく、わたしは日当分の報酬にて引き受けました。

戸別訪問は、私のほか、工事を請負った建設会社の営業担当者、
このマンションの維持管理をおこなっている管理会社の担当者
の、三人によりました。

住民の方々は もちろん さまざま
管理会社の担当者は、生まれてはじめて見たのでしょう、ある
お宅で飼われていた フィレット を見て びっくり。
また、あきらかに不条理な要求を突きつける住民の方もあり。

そんな中 忘れられない ひとりの住人の方がおりました。
初老の 一人暮らしの男性。
ドアをあけ、訪問の用件を伝えるやいなや、激高し涙をうかべ
口をふるわせて いっきにまくしたてはじめました‥。


男性 は 妻と二人。
長年こつこつと貯めた蓄えで、このマンションの一室を購入。
ふたりにとっての安住の地、終の住処となるはずでした。

ある日 トイレに汚臭がする。
男性は、妻にトイレの床の掃除をさせる。
しばらくすると また汚臭がし、妻が床の掃除をする。
いっこうに汚臭はおさまらず、男性は妻を叱責するようになる。
‥“おまえの掃除のしかたがわるいんだ!”

いよいよもって、工事業者さんに見てもらうことにした。
業者はトイレの床板をはがしてみると、床組とスラブのスペース
に配管された 汚水配管の接続部分から汚水が漏れていた。

汚臭の原因は 妻の掃除ではなく 工事の不具合(瑕疵)だった。

改修工事により不具合は修復され、臭気もなくなった。
ただ、二人の関係は 修復できないものになっていた。
妻 は 出ていったしまった。


一般的に共同住宅の計画では、
住戸のメンテナンスは その住居内でおこなえるよう給排水管
などは 床のコンクリートスラブ上にて 配管するのが定石です。
区分所有が明確な分譲形式であれば、なおのことでありましょう。
もちろん、私もそうのように計画します。

ただ もし
この排水管が定石によらず、スラブ下で配管されていたならば、
下階の住居の天井に汚水が漏れ シミになり(‥ま、もちろん
それはそれで 大変な惨事ではありますが。) この瑕疵のSOS
と なりえていたかもしれません。そして、この夫婦のSOSにも‥
ふと、そんな考えもよぎりました。

強固なコンクリートのスラブとちがう
人との絆 というものの あやうさに せつなさを感じました。

もう、数年前のこと。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
株式会社ソキウス 代表取締役

スマートに シンプルに 住う。 都市型住宅・集合住宅

都市の厳しい条件のもとでも、住宅や集合住宅を実現させてきました。住宅計画における制約は、生活空間に個性が生まれる、ひとつの契機として、ポジティブにとらえております。

03-5735-9700
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「都市の生活」のコラム

近未来的物流施設(2014/03/29 17:03)

日本橋の住宅とその界隈(2013/04/09 08:04)

渋谷(2013/03/05 12:03)