政権交替 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

渡邉 康弘
繁盛店コンサルタント
茨城県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

政権交替

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
渡邉康弘が最近の話題に切り込む

繁盛店コンサルタント「渡邉康弘の視点」



こんにちは
繁盛店コンサルタント渡邉康弘です。

日本の政治がどう変わるのか。
政権交替を賭けた選挙の結果が、今日判明します。


18日の公示ながら、実質は解散の7月21日から始まっていたとされる衆院選。
しかし、私が思うには福田内閣が行き詰った昨年春の一年半前から
既に衆院選は始まっていたように思いっています。


小泉郵政解散から4年。

政治の責任だけでないにしても、現在の地方は疲弊し、医療は崩壊し
福祉は置き去りにされて、職を持ちたくても持てない一家の大黒柱
つい先日まで、テレビコマーシャルをしていた大企業の倒産まで
ありとあらゆることが起こっています。


今まで日本の政治を行ってきた「責任力」なのか
大きく日本を変えなければならない「政権交替」なのか

どちらを選ぶにせよ、結果は全て私たちの一票が責任を負うことになります。


いずれやってくる消費税引き上げの議論。
誰しもが納得できるような無駄の削減を行って、その上でこれだけやったが
それでも足らないから、これだけのことをするためにこれだけ上げさせて欲しい。

それは決して無理な相談ではありません。

原価が上がってやむを得なければ、顧客は値上がりをしぶしぶ容認します。
しかし、企業努力もせずに安易に値上げに転嫁させる飲食店は
市場からそっぽを向かれて、淘汰されてしまいます。

裁判所でも、普通の庶民と同じ感覚を司法の世界に採り入れるため
裁判員裁判制度を導入して、当たり前が当たり前になる感覚に腐心しています。

政治の世界も庶民と同じ目線で語れるような、そんな政権を実現して欲しいです。


本日の結果が、新しい日本の始まりになるよう期待して。



株式会社インプレス http