神奈川県立近代美術館、坂倉準三展−1 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

有限会社パルティータ 代表
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

神奈川県立近代美術館、坂倉準三展−1

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家の話あれこれ
神奈川県立近代美術館の鎌倉館で、坂倉準三展をやっています。
先日、この展覧会に行ってきました。

現在、同時にパナソニック電工の汐留ミュージアムでも坂倉準三展をやっています。
近代美術館は主に大型建築を対象として、汐留ミュージアムの方は家具を中心に住宅系の展示を行っています。


坂倉準三は、20世紀日本を代表する建築家の一人で、フランスの巨匠ル・コルビュジェに師事したことで有名です。
坂倉の代表作が、この神奈川県立近代美術館/鎌倉館で、1951年に建てられています。

私は、この美術館はこれまでに何度も訪れており、私自身も前職の事務所では、美術館、博物館の設計にたずさわっていたこともあり、名建築と位置付けられていることも良く知っています。

しかし、今まで余り良い印象がありませんでした。
この建築は、外壁を始めとして、使っている材料に魅力が感じられず(安っぽい材料、納まり)、又メンテナンスも余り行き届いていないからだと思います。
(バラック感を感じる建築が、必ずしもきらいというわけではないのですが)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

カテゴリ 「家の話あれこれ」のコラム

フローリングについて(2009/08/02 18:08)