神奈川県立近代美術館、坂倉準三展−2 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

有限会社パルティータ 代表
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

神奈川県立近代美術館、坂倉準三展−2

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家の話あれこれ
神奈川県立近代美術館の鎌倉館の、坂倉準三展に行ってきました。

今回の坂倉展の展示内容は、坂倉が半世紀近く前に設計した設計図、模型、写真という地味なものです。
私の行った時の客のほとんどが、建築デザイン実務者、建築学課の学生、研究室メンバー風で解説し合うグループと、建築関係者ばかりで、一般のお客さんはほとんどいませんでした。余程の建築好きでないと、おもしろくないかもしれません。

展示の模型を見ていたら、中でも一際端正で美しい模型を見つけました。
この県立近代美術館の模型でした。
そうか、全体像で見ると、こんなにきれいなプロポーションなのか。図面を見てみると、平面図も立面図も、やはり美しい。

解説を読んでみると、この美術館は非常に予算が厳しかったそうです。
考えてみれば、竣工が終戦後6年目です。ということは、計画されたのは、戦後間もなくの時期、お金があるはずがありません。

この美術館は、鉄骨造です。
現在の鉄骨造は、H形鋼やボックス形鋼などが使われますが、昔は数量を減らすため、トラス梁が用いられました。
ここでは、全てがL形鋼によるトラスで構成され、経済設計が想像できます。

初印象で魅力の感じられなかったこの外壁材料も、きっと苦渋の選択だったのでしょう。


写真は、2階ホールから見た中庭

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

カテゴリ 「家の話あれこれ」のコラム

フローリングについて(2009/08/02 18:08)