沖縄 −琉球古民家− 平屋建て - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

村上建築設計室 
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

沖縄 −琉球古民家− 平屋建て

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
コラムあれこれ 沖縄
たびたび訪れる台風や夏の強烈な日差し、年間を通じた暖かさなど、日本のなかでも独特の気象条件をもつ沖縄では、独自の文化が育ち、そこに根づいた建物も本州とは異なる特徴をもっていますね。

那覇などの街を散策していると、台風が多いからでしょう、一戸建て住宅でも鉄筋コンクリート造でつくられたものをよく目にします。
沖縄の人は昔から庭でゴーヤなどの野菜をつくる習慣があるらしく、街中のマンションなどでも屋上やバルコニーで家庭菜園をやっているおうちを多く見かけますが、無機質になりがちな鉄筋コンクリート造の建物も緑に覆われ、いい味を出していますね。(最近増えてきた「屋上緑化」を地でいっているようです!)
沖縄唯一の電車ゆいレールに乗ると、沖縄らしい住宅の様子を上から興味深く眺めることができますよ。

でも、沖縄の昔ながらの住まいといえば「琉球古民家」。
最近では少なくなってきているようですが、本島でも少し車を走らせたところや離島などで今でも数多く目にすることができ、今回の旅でもたくさんの琉球古民家を体験してきました。

琉球古民家の特徴は、まず「木造の平屋建て」であるということでしょう。
台風の影響をなるべく避けるための配慮でしょうし、沖縄の人は小柄な人が多いということも関係しているような気がしますが、大抵、深い軒を低く差し出し、地面に這うように建っています。
普段、地面からひょっこりと建つ人工的な建物を見慣れてしまっているからでしょうか、緑とともに地面と一体化したその様子は、ほっとするような安心感を与えてくれます。
存在を誇示・主張するばかりの建物ではなく、静かな存在感を備えつつ、その土地にやがて根づいていく、そんな建物がつくっていければ・・・と、しみじみ思うのでありました。

つづく

左写真:戦災を免れ、赤瓦の古民家が数多く残っている渡名喜島の民家の様子。
右写真:那覇に建つ建物。バルコニーから南国っぽい怪しい花が垂れ下がっています。

村上建築設計室


イエノイエの7年後をHPで紹介しています。
沖縄の旅をHPで紹介しています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
村上建築設計室 

時間が経つごとにその土地に根付いていく、そんな家を創ります

東京・青山にて夫婦で設計事務所を開設。機能的で自然な美しさを持つ、時に淘汰されない建築を目指しています。光や風、日常の瞬間が美しく感じられる空気感を大切にし、その空間に触れた人々が豊かで幸せになれるよう、少しでも貢献したいと思っています。

カテゴリ 「コラムあれこれ」のコラム