世界経済底打ちしたかどうかが分かるデータの解説 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

前田 紳詞
代表取締役
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

世界経済底打ちしたかどうかが分かるデータの解説

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
ファイナンシャルプランナーが教えるシリーズ 分かりやすい経済分析
世界の経済・金融危機の根源は

アメリカ住宅バブル崩壊



です。

アメリカの住宅価格が下げ止まり、上がり出したら本当の世界経済復活のターニングポイントになります。

住宅価格のデータとして最も重要なのが

S&P ケース・シラー指数



米国エール大学経済学部のロバート・シラー教授がアメリカ住宅バブルの最中にバブル崩壊によるアメリカ経済崩壊の混乱を防ぐ目的で作られたデータです。

データがアメリカ国民に対する警告となることを願いましたが、ダメでした。

しかし、ケース・シラー指数は今も私たちにいろいろなことを教えてくれます。

毎週恒例の共同作業ブログ 「分かりやすい経済分析」



本当のケース・シラー住宅価格指数


です。

記事はこちらから
http://www.moneykiso.com/blog/2009/06/post_272.html