最大の“買い場”は3月だった。  EMPメルマガより - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

中村 嘉宏
株式会社イー・エム・ピー 代表取締役
東京都
宅地建物取引主任者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

最大の“買い場”は3月だった。  EMPメルマガより

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般
これからの不動産市況
                        ・・・EMPメルマガ5月1日号・・・



260億円→160億円→200億円以上。
122億円→52億円→60億円以上。
7億円→4.5億円→5億円以上。

額の大きさ(特に最初の2つ)にびっくりなさったかもしれませんが、
これらは今水面下で売却が進んでいる物件です。

左の価格が昨年売り出したときの価格。
真ん中が今年3月の価格。
右が現在(4月末)の価格です。

(一番目はオフィスビル、2番目は土地、3番目は一棟マンション。
 どれも一等地にある物件です。)


ファンドが持っている物件を取り扱う不動産業者の間では、
「4月になって潮目が変わった」という認識が広まっています。

3月までは「処分売り」「換金売り」と、
投売り状態だったファンドや不動産会社各社の姿勢が、
4月に入り「3月までの価格では売らない」という風に変わっています。


資金化を急ぎ、
(極端に言えば)「買ってくれるのならいくらでもいい」という状態だったのが、
ここに来て一転、強気の姿勢に変わった最大の理由は、
金融当局の指導もあり、金融機関が
リ・ファイナンス(融資の借換や期間延長)に応じるようになったためです。

あるファンド運営会社のトップは
「いずれ今の価格より高く売れるのがわかっているのだから、今は無理をする必要はない」
と言います。


金融機関の中には、
年度が変わって融資に積極的になっているところもあります。

実際、「4月以降物件への問合せ件数が明らかに増えた」という
売り側の声もあちこちで聞かれます。

特に、
「3-5億円の物件に対する個人投資家の問合せが増えている」(某仲介会社)
と言います。


オフィス賃料に下げ止まり感はなく、
オフィス物件の価格下落は今後も続くでしょうし、
破綻する不動産会社は5月にも数社出ることから
不動産価格が一斉に上昇することは無いでしょうが、
一部の市場では明らかにこの4月から変化が見られます。


そのマーケットにおいては、すでに
「価格は底を打ち、最高の買場は終わった」と言えます。


もっとも、ワンルームやアパートの市場では、
先の例で挙げたような「価格が半値になる」ような状況は無く、
それほど価格の変動も見られませんが、
一般投資家がその情報に触れることの無いマーケットでは、
市況の地殻変動がすでに始まっています。



      株式会社イー・エム・ピー
      代表取締役 中村嘉宏:談





※会員に登録いただけると、
EMPが厳選した新着物件情報をその日のうちに毎日配信中。
最新版をご希望の方はご登録を。(登録無料)
 ⇒ご登録はこちらから


※プロの目線で、皆様の投資をサポート。
 ⇒安心の不動産投資なら、EMP