クライスラー、財務省と債権者の交渉決裂、破綻処理へ - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

ABC税理士法人 税理士
東京都
税理士
03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

クライスラー、財務省と債権者の交渉決裂、破綻処理へ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
雑感
クライスラー、一転して破たん処理へ
複数の米紙が29日夜、財務省と債権者グループの交渉がまとまらず、
破産法の適用(日本の民事再生法に当たる)を申請する方向だと報じた。
これに関連して、オバマ大統領も、就任100日の会見で、
クライスラーが一時的に破綻する旨を言及した。
30日13時22分asahi.com記事はこう報じた。

オバマ米大統領は29日夜(日本時間30日午前)、経営改善策提出の期限を
30日に迎える米自動車大手クライスラーについて、再建の過程で一時的に
経営破綻する可能性も示唆した。
一方で、「存続に向けた解決策が提示されることに、先月の時点より希望を
持っている」と長期的な存続見通しを強調した。

この日が政権発足100日目にあたることから、ホワイトハウスで記者会見
した中で、クライスラー問題に言及した。

オバマ氏は、同社が経営改善策の検討の過程で、連邦破産法11条の
申請についても選択肢の一つとして準備していることに触れ、
「緊急事態に備えなければならないのだから、クライスラーがそうした
準備をすることは、賢明であり適切だ」と評価。
その上で「クライスラーがそうした(破産法申請の)選択をするかは
まだはっきりしないが、主要な債権者が譲歩姿勢を示しているのだから、
同社が一種の経営破綻を経なければならないにしても、非常に短期間の
破綻になる」と述べた。
一時的な破綻を通じて、債務を大幅に削減した後、再生する可能性を
示唆したものとみられる。




クライスラーの再建計画について、再建後のクライスラー株式について、
全米自動車労組(UAW)が55%、伊フィアットが35%、政府等が10%を
保有することにする形で、一度は再建の方向で話がまとまったように見えた。

しかし、債権者たちに政府の示した債務削減案に対して、政府と債権者の
交渉がまとまらず、一時的に破たん処理する方向性で落ち着きそうである。

オバマ大統領の会見からすれば、大統領はクライスラーが再建されることを
望んでいるように思われますが、GMの再建案に対する対応を見ても、
現状のままで再建されることを望んでいるわけではない。
むしろ、大量消費を前提としたアメリカ型の消費社会ではなく、環境に
配慮したハイブリッド車の開発を主軸においた、新しい体制が構築される
ことを望んでいるように思う。

クライスラーの債権問題で、財務省が強い姿勢で債務削減を要求しているのも、
債権者が要請を受け入れないのであれば、破たん処理もやむなし、との
姿勢があるからであろう。

ただ、アメリカが経済改革に本気で取り組む意思を示していることは、
どん底から再生しようとしている世界経済の姿が、従来型の消費社会を
前提としないものとなることが予想できる。

わが国はエコ活動に尽力しているとはいえ、まだまだ取組が場当たり的で、
信念を持ったエコ活動が国家レベルで浸透しているとは言い難い。

クライスラーの債権問題からアメリカの強い姿勢が見え隠れするだけに、
わが国も本気で環境問題に取り組む必要があろう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
ABC税理士法人 税理士

企業の税務対策、自計化サポート!「下町の頼れる税理士」です

刻々と変わる経済情勢や法律に対応しながら、体系的な法律知識を持って、企業様の税に関する不安を解消し、安心できる節税対策を行います。お客様と直接お会いし面談しながら、企業内での自計化など、適切な会計処理を含めた税務指導を行っています。

03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「雑感」のコラム

追悼、手塚太郎君(2012/04/05 10:04)