自分の気持ちを伝えてもいい - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

エナジー・コーチ エナジー・コーチ
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自分の気持ちを伝えてもいい

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
セルフ・ヘルプ 人間関係
自分を主張できることは大事なんですが、ときに
それがきっかけで事態や人間関係をこじれるときが
あります。

まあこじれて壊れるべきときもあるのですけれど
そんなときどうするかで悩むことってけっこう
出てきますね。

たとえば、主張してももうどうにもならないとき。
どんなに自分が正しいと思って理不尽に
感じても、もう何もできないとき。

主張してその場は満足できても、その後が
自分にとってメリットがないとき。

あまりに主張しすぎると自分勝手だと
言われたり、変な誤解を受けやすくなるという
デメリットがあって、それが困るときなど。
(言われても誤解されても良いなら別ですが)

こんなときは、私は私は、という主張に
フォーカスするのではなく、自分の気持ちを
伝えてみようとフォーカスをシフトさせることで
意外に(主張も含めて)十分なこともあります。

たとえば、お互いに誤解してしまってすれ違いが
あったとしたら、今回は誤解があって残念に思った、
というような感じ。

何が違うかというと、結果的に自分がどう感じているか
だけを伝えることで、とりあえずはこちらの感情を
伝える作業は終わるので、自分の話をするという
意味では主張と変わらない。

でも、不思議なことに少しやわらかい伝わり方に
なります。あくまでも自分の話なので、相手を批判する、
責めるというところがなくなるからでしょうか。

このときに、誰かのせいで、相手のせいで、
というようなことを言ってしまうとせっかくの
努力もまた違うように受け取られてしまいます。

なので、中心は事態がどうあっても、誰のせいだろうと
「結果的に私はこう感じているのを知ってもらいたい」と
いう姿勢を持つこと。

それでも、誰かに自分の思っている正直な気持ちを
伝えるのは、それなりの工夫や勇気もいります。

たとえば、相手に対して何かしこりがあるとき、
上下関係があったり、仕事関係、お金がからんだりすると、
また大変です。

こちらの気持ちを伝えることで、相手の気を
害してしまわないか、または仕事をもらえなく
なってしまわないか、とか。

または、本当は相手が悪いと思うんだけど、
そう言ってしまっては終わりだからどう伝えるか、など。

嫌われたらどうしよう、こんな風に受け取られたら
どうしよう、とムクムクと自分の中で想像は
膨らんでいきます。

どう自分の気持ちを伝えたら自分が満足できて
相手にあまり失礼にならないか、ときに
本当に悩ましいです。

かと言って、自分の気持ちを伝えずにいるのも
苦しいものですよね。我慢ばかりしていても
どこかにひずみがきます。

ひとつには、自分の気持ちを伝えてもいい、
と自分で思ってみること。それに、言葉にして
みないと伝わらないことも多いのです。

もし何かぎくしゃくしている、というようなときには
相手も同じように感じているはず。自分の気持ちを伝えると
同時に、相手の気持ちも聞いてみる姿勢で向き合ったら、
意外にスムーズかも。



こんなとき英語では、「I feel...」で始めましょう、と
言います。

つまり、私はこんな風に感じている、というように
主語を自分にすることで、誰を非難するのでも
責めるのでもなく、自分の感じていることだけを
伝えてみる、というものです。

たとえば、あなたがこう言ったから私は
傷ついた、という言い方よりは、「私は今傷ついて
いる」というほうが、相手にはよりわかりやすい。

あなたが・・・と言われたら相手は責められていると
感じて、攻撃的になったり、また防御・反撃体制に
入ったりします。

すると、聞く耳を持たなくなったり、聞こえているのに
聞いていない、という状態になったりします。
こうなると自分の気持ちを伝えるのは大変です。

主語はあくまで自分に、フォーカスは自分の気持ちに、
と持っていくようにしてみてください。

このあたりはスキルなので、練習しながら身につけて
いってください。何度もやってみるのが一番。
ときには失敗するかもしれませんが、その価値は
必ずあります。自分なりの方法を見つけてください。

誰かに助けてもらうのもいいですし、誰かに
練習台になってもらうのもいいでしょう。

また、自分の気持ちを正直に共有できるだけの
人間関係がしっかりしていると楽なので、
その準備もこめて周りとは普段から良い関係を
保つようにしてみるのもよさそうですね。



このコラムはこちらでもご覧いただけます。
→ http://blog.livedoor.jp/mikiogura/archives/51585639.html

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(パーソナルコーチ)
エナジー・コーチ エナジー・コーチ

もっと元気にハッピーになりたい女性たちをパワフルにサポート!

もっと自信を持ってバランス良く、元気にハッピーになりたい方(主に20~40代の女性)に向け、コーチングやセミナー、講演を実施しています。人生の幸せ、ビジネスの成功や自己実現のために、枠に捕われない考え方を提供し、内面から強くサポートします。

カテゴリ 「セルフ・ヘルプ」のコラム

崩れた人間関係の修復(2009/01/21 14:01)

人間関係に疲れたら(2009/01/20 14:01)