G20ロンドン金融サミット - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

尾野 信輔
株式会社えん 
不動産投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
寺岡 孝
(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

G20ロンドン金融サミット

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般
景気動向 国際
4月2日にロンドンで金融サミットが行われます。
大まかな議題としては
1、開発途上国への具体的な支援策
2、先進国の財政出動数値設定(GDP比2%)
となっております。

途上国への支援は急務で本日も

スペイン中銀が地銀を管理下に、今回の危機で初の銀行国有化
 [マドリード 29日 ロイター] スペイン銀行(中央銀行)は、経営難に陥っている地銀のカハ・カスティーリャ・ラ・マンチャを管理下に置く。ソルベス財務相が29日、発表した。スペインで銀行が政府管理化に置かれるのは、1993年以来初めて。
 ソルベス財務相は記者会見し、中銀はカハ・カスティーリャ・ラ・マンチャに対し資金を注入し、管理下に置くと述ベた。中銀は当初20億─30億ユーロの資金注入を考えているとしている。
 貯蓄銀行のカハ・カスティーリャ・ラ・マンチャは、スペイン中央地方の不動産開発業者へのエクスポージャーが高い。関係筋によると、同行の不良債権比率は、2008年末時点で約5%。また同行の年次報告書によると、2007年末時点の資産総額は245億ユーロ(328億4000万ドル)。同時点での支店数は582店、従業員数は約3000人。
 当局は当初、同行をアンダルシア地方に本拠を置くウニカハとの合併で救済しようと考えていた。


とのことで、非常に厳しい状況のようです。

また、当のロンドンでは
G20:「反対!」3万5000人がデモ−−ロンドン
 【ロンドン町田幸彦】ロンドンで4月2日に開かれるG20金融サミットを前に、欧州各地で28日、抗議デモが繰り広げられた。ロンドン中心部では労働組合や市民・環境団体など約150組織、計3万5000人(警察発表)が参加、サミット参加国の首脳に「市民の利益を最優先すべきだ」と訴えた。警察当局は厳重な警戒態勢を敷いている。
 英BBC放送によると、ロンドンのデモでは貧困や失業などの解決を求めるポスターが並び、「資本主義は役に立たない」と書かれた横断幕も登場した。参加者の男性(73)は「国民は解雇されているのに、銀行家たちは政府の援助でうまい汁を吸っている」と批判した。抗議デモは4月1、2両日もロンドンで行われる。


と、日本とは違って、さすが欧米。
まだまだ波乱含みのようです。





株式会社えんhttp