■Webサイトを営業ツールとして2 - 営業戦略・販売計画 - 専門家プロファイル

水内 終一也
合資会社アクタリスト 
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
竹内 慎也
竹内 慎也
(営業コンサルタント)
竹内 慎也
(営業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

■Webサイトを営業ツールとして2

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業戦略・販売計画
個別相談 800字では書ききれない回答

Webサイトを営業ツールとして活用したい!



以下は「Webサイトを営業ツールとして活用したい!」という質問をいただいた方に対して、回答フォームの字数800時では書ききれないので、コラムのコーナーで回答致します。

私の作った「Faxの書き方」講義 音声教材販売のページを例にあげると、このページはA4原稿換算で約40ページです。


通常、広告代理店等のライターの執筆料金はA4用紙1枚あたり

5万円くらいです。ただ文章を作るだけ。

売れるかどうかは別です。



私の場合は、モノを売ったり、見込顧客を集めるために

文章を書きますので、A4用紙1枚あたり10万円以上です。

ですので、「Faxの書き方」講義 音声教材販売のページは

400万円くらいになります。

(実際には、こんなには貰いませんが・・・)


この金額を高いとお考えなら、ホームページを営業マンには

できないと思います。


何故なら、生きている営業マンと比較してホームページの方が

安いからです。

営業マンを雇って、給料を払い、保険等に入り、机やイス、

パソコンをあてがい、旅費交通費やガソリン代等も含めて

月に40万円くらいはかかります。


どんなに売れない営業マンでも、40万円くらいはかかります。

で、一度雇ったら、簡単にはクビにできません。


・・・しかし。

ホームページを作って、売上が上がらなかったら、

作りかえればいいだけです。


私の場合、売上が上がらなかったら、無料で作り変えます。