「Faxの書き方」20 Faxはデザインに頼れない世界 - 営業戦略・販売計画 - 専門家プロファイル

水内 終一也
合資会社アクタリスト 
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
竹内 慎也
竹内 慎也
(営業コンサルタント)
竹内 慎也
(営業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「Faxの書き方」20 Faxはデザインに頼れない世界

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業戦略・販売計画
FaxDM Faxの書き方
←「Faxの書き方」これ以前のコラム

「Faxの書き方」20 Faxはデザインに頼れない世界



Fax営業は、ダイレクト・レスポンス・マーケティングであり、ゲリラ・マーケティングです。マス・マーケティングの対極にあるようなマーケティング手法です。


しかも、広告代理店の方がどんなにカッコよくデザインして写真をあしらっても、Faxのプリント画像は荒いですし、線が入ったり、汚れがついたりもします。写真やグラデーションは潰れます。ですので、最終プリントの画質を相当低く見込んでの原稿作成となります。


広告代理店の方は社内に高性能複合機があり、普段はFaxをそこで受け取っているので、Fax原稿の画質は、そこそこに良いと勘違いしています。しかし、たとえば、ある店舗を中心に半径1kmの範囲の事務所、店舗等にFaxで営業した場合、Faxを受け取るFax機は電話兼用だったり、専用機でも10年前の機械だったりすることはよくあることです。そういうことを想定できていないと、的外れなFax原稿になってしまいます。


カッコいいデザインや写真以外で勝負するのがFax営業です。


さきほどもお伝えしたように、誰に、何を、どのように伝えるのかが勝負です。


デザインや写真に頼れない世界です。当然「ことば」が勝敗を決めます。



たとえば、「Faxが捨てられずに、読んで欲しい担当に的確に届くようにするにはどうしたらいいか?」 そのためには、どんな「ことば」を書く必要があるのか?


「Faxを受け取ったら読みたくなるようにするにはどうしたらいいのか?」 そのためには、どんな「ことば」を書く必要があるのか?


「キャッチコピーをどのように書くのか?」 キャッチコピーは相手の心を開かせる「ことば」です。


「サブキャッチをどのように書くのか?」 サブキャッチは開きかけた心に入り込むための「ことば」です。


「本文をどのように書くのか?」 本文は最初から最後まで読ませる「ことば」の連続です。


「どんなところを強調すれはいいのか?」 本文の中でも、特に相手に訴えかけたい「ことば」は何か?


「申し込みたくさせるにはどうするか?」 それにはどんな「ことば」を語りかけるか?


「申込みを躊躇している人の後押しをするには?」 後押しする「ことば」とは?


「クレームを回避するにはどうするか?」 どんな「ことば」だとクレームが減るのか?


そうしたことを、一時間、みっちりと講義しました。

「Faxの書き方」続きはこちら

「Faxの書き方」全文はこちら

Fax一斉送信代行ご依頼はここ