明日の包装文化を創る;暮らしの中の【ポリ】(1) - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
YouTube専門コンサルタント
050-3681-1949
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

明日の包装文化を創る;暮らしの中の【ポリ】(1)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
【月曜朝8:00はたのしくお勉強】;プラスチックの基礎
シリーズ【塩化ビニル】()()に引き続き【ポリエチレン】のことについて少しお話させてください。

メタロセンポリエチレンとは
メタロセン触媒を使用して重合したポリマーのことで、
L-LDPE*1の1種です。


メタロセン触媒は、エチレンに対する高い重合活性と活性点が均一であるという特徴を持ちます。

1980年にドイツのカミンスキー(Kaminsky)教授らによって発見されました。
従来の触媒がマルチサイト触媒と呼ばれるのに対し、シングルサイト触媒といいます。このシングルサイト触媒によるPEは、分子量の分布が狭く各分子のコモノマー含量がほぼ等しくなっています。

これによって良好な透明性や低温ヒートシール性が得られます。


PEのほかPP、PSなどでも応用が進められていますが、
現在本格的に工業化されているのはPEだけです。

メタロセンポリエチレン樹脂で製造したフイルムには、次のような特徴があげられます。



ブロッキングしにくい
すべり性がよく、ブロッキング防止パウダーを使用しなくてもよい
ポリエチレン臭が少ない
食品への溶出成分が少ない
EVA10〜15%並みの超低温ヒートシール性フイルムが製造できる
L-LDPEと同等のシール強度である
耐寒性、耐衝撃性に優れている
ホットタック性に優れている
夾雑物シール性がよい
揉みに対する耐ピンホール性が良い
添加剤が少なくてよいので透明性に優れたフイルムの製造が可能で、特にインフレでは透明性がよい
耐圧強度・耐熱性がある
薄肉化、不良率低下による''コストダウン''が可能
自動包装の高速化による生産性アップが可能


なお、メタロセンポリエチレンフイルムの製膜法*2には''インフレ''とTダイとがあり、それぞれ特徴があります。
現在は低温シール性に特徴をもたせたグレードが主流となっていますが、
将来的には多機能なフイルムの開発が進み、低臭で耐衝撃性に優れたレトルトが可能なメタロセンポリマーも期待されています。
*1直鎖状低密度ポリエチレンのこと。''主な特徴''として耐熱性・耐ストレスクラッキング性(強い引張強度/高い弾性率)がある。引き裂き抵抗が強い。表面高度、透明度も良い。*2弊社のハイリークシリーズは全て''メタロセン''原料を使用し、''インフレーション''で製造しています

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / YouTube専門コンサルタント)

【幸福力の方程式】=「YouTube」×コミュニケーション力

YouTube動画を使って、組織内のコミュニケーションの向上を目指します。【陽転思考】によって、コミュニケーション力に内面的磨きがかかります。またピュア・ティストな人づきあいが増す、”かたり場”レッスン『人に好かれる話し方』を開催しています。

050-3681-1949
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「【月曜朝8:00はたのしくお勉強】;プラスチックの基礎」のコラム