国際水準のカイロプラクター井元雄一とは・・・ - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

しあわせ家族の安心カイロプラクティック KCSセンター 院長
神奈川県
カイロプラクター 博士(健康科学)

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
吉川 祐介
吉川 祐介
(カイロプラクター)
井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

国際水準のカイロプラクター井元雄一とは・・・

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
日記

カイロプラクティックとの出会い



はじめまして。
「しあわせ家族の安心カイロプラクティック」の井元雄一です。


私が臨床を始めてから、今まで約2万人の患者さんを診てきました。



腰痛で仕事をクビになってしまった人
子どもが生まれたのに腰が痛くて抱くことが出来ない人
子育ての喜びとしあわせを味わうよりも、身体がつらくて毎日苦しんでいる人

痛みを家族に分かってもらえなくて、つらい思いをしているお母さん
痛みでイライラして子どもや奥さんに八つ当たりをしてしまっているお父さん

およばれしたときに正座が出来なくて、恥ずかしい思いをするのが心配なおばあちゃん
背中が曲がっていて、かっこわるいからと家にこもりがちになってしまっているおじいちゃん

身体が痛かったりつらいのに親にも先生にも分かってもらえず、逆に「根性がない」と怒られてしまう中高生やちいさなお子さん

1日中パソコン仕事で、腰がつらい、肩や首がつらい
1日中子育てで、腰がつらい、肩や首がつらい、ひどくなれば吐き気や頭痛にもなってしまう。


「私の人生、この先ずっとこのままなのかなぁ、、、」と不安や悩みを抱えている、たくさんの人がいました。



もし、あなたの腰痛、肩こり、しびれ、膝の痛み、ギックリ腰、40肩、50肩,、背骨のゆがみ、骨盤のズレ、そんなものがなくなったとしたら、あなたの人生は変わると思いませんか。

もっとやりたいことが、たくさんできると思いませんか。
もっと毎日が快適にすごせて、大切な人とも幸せに暮らせると思いませんか。



実は私もバイクの交通事故でカイロプラクティックと出会いました。
21歳の時でした。

病院では「後遺症が残ります」と宣告され、日々痛みや気持ち悪さと闘っていました。
健康な友人がまぶしく見え、自然と距離を取るようになりました。
そんな時に恩師に勧められて受けたのがKCSのカイロプラクティックでした。


KCSのカイロプラクティックでみるみる回復していった私は、他にも困っている人がいるはずだから・・・と、それまで目指していた、教師びんびん物語の徳川先生のような先生になりたい、という夢から、
病院に行っても良くなっていない、背骨の歪みが原因の病気を治すカイロプラクターになろうと決意しました。
新しい夢を抱いたのです。


国内有名カイロプラクティック専門学校を卒業の後、アメリカのLACC(ロサンゼルスカイロプラクティック大学)、UCLA(南カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校)、オーストラリアのマードック大学でも勉強し、カイロプラクティック健康科学学士の学位を取得しました。


今では神奈川県の川崎市中原区で、2つのカイロプラクティッククリニックをしています。


厚生労働大臣認可機関でカイロプラクティック業界の適正な健全化のための仕事もし、国内最大手のカイロプラクティック研究会で技術インストラクターもしています。



私は、自分のすべてをかけ、自分が通いたい 自分の家族を通わせたい!と思えるようなカイロプラクティックを、ただ痛みをとるだけでなく、''元気な家族のしあわせづくり''をするカイロプラクティックを目指して行きたいと思っています。


これからも様々な情報を発信していきたいと思っていますので、楽しみにしていてください。




無料のメールセミナーをしています。
希望者はこちらから

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / カイロプラクター 博士(健康科学))
しあわせ家族の安心カイロプラクティック KCSセンター 院長

痛みだけでなく姿勢も改善します。背骨のゆがみはおまかせ下さい

20年の実績から、腰や肩の問題だけでなく、身体全体をしっかりと診ることを重視しています。画像姿勢検査や病診連携も実現し、あなたに合わせた最適な施術を提供。PTA会長を務めた経験から子どもの姿勢も真剣に考え、学校での姿勢教育や講演も行っています。

カテゴリ 「日記」のコラム