業者さんの処分売りは12月までがピーク? - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

中村 嘉宏
株式会社イー・エム・ピー 代表取締役
東京都
宅地建物取引主任者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
寺岡 孝
(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

業者さんの処分売りは12月までがピーク?

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般
これからの不動産市況
               …EMPメルマガ2008年10月18日号より…


びっくりするような利回りの一棟物件が
目に付くようになってきました。


今までなら
郊外の物件でしか得られないような利回りの物件が、
都心もしくは人気の沿線で売りに出ています。


それらのほとんどは、
不動産業者さんが事業用として販売している物件です。
ほとんど「投売り」に近い物件もあります。


なぜ、ここに来てそのような物件が増えているのか?
背景には、金融機関の貸し剥がしがあります。



通常、事業性資金の場合 融資期間は1年が限度です。

たとえば、中古物件を購入し
リノベーションして販売する場合などがこれに当ります。


新築物件の場合は
そのプロジェクトによりますが、レジデンス(住居)系の物件は
2-3月の賃貸募集時に合わせて完成させ、
完成時に最後の融資をしてそこから半年(場合によっては1年)で
返済期限を迎えます。


今は平時とは違って
「約束通り返済してください。」というのが金融機関のスタンスです。


株価の下落
(日経平均で7600円を割れば、ほとんどの金融機関が含み損を抱えます)や
貸倒引当金の増加から、金融機関もBIS規制達成のために
分母となる貸出額を減らさざるを得ない状況にあります。


(今日(2008.10.17)の新聞報道では時価会計の一時棚上げが濃厚の様ですが、
 これを実施すれば株価は一層下がります。)


昨年夏サブプライム問題が勃発した後12月までは、
金融機関もまだ不動産会社へ事業資金を融資していました。


今そのときの融資と、
年明け以降に完成した新築物件へ融資した分の
返済期限が到来しているわけです。


金融機関も1度は延長に応じることもあります(延長期間は3-6ヶ月)ので、
来年3月まではこの処分売りは続くでしょうが、
処分売りのピークはこの12月まででしょう。
 


もっとも、こういう物件は「早いもの勝ち」なので、
仲介する不動産会社さんも懇意なお客様に優先して紹介するため、
一般のお客様に情報が届く前に
成約してしまうケースが多いのですが・・。








※会員に登録いただけると、
EMPが厳選した新着物件情報をその日のうちに毎日配信中。
最新版をご希望の方はご登録を。(登録無料)
 ⇒ご登録はこちらから


※手数料半額物件など多数掲載中。
 ⇒安心の不動産投資なら、EMP