切端咬合気味かもしれず、口腔内の狭さが気になります - 矯正方法・費用 - 専門家プロファイル

医療法人審美会ウメダデンタルクリニック 院長
大阪府
歯科医師
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

切端咬合気味かもしれず、口腔内の狭さが気になります

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 矯正・審美歯科
  3. 矯正方法・費用
審美歯科、矯正歯科の質問と回答 審美歯科全般について

[ご相談内容]

私は舌が長く、口腔内も狭いため、喋り辛いな…と思うことが増えてきました。自分なりにいろいろ調べてみて、自分は切端咬合気味?で、下顎が少し出ているため、舌の位置が正常とは異なり、口腔内の狭さを感じるのでは?という考えに至りました。将来は声を使った職業につきたいと考えており、とても悩んでいます。出来れば低コストで改善したいと考えており、整体等で改善出来ないか、それともやはり歯科矯正でしか改善できないのか…と迷ってしまい、治療に踏み切れずいます。先生は、どのような治療をしたら良いと思われますか。また、矯正治療であれば、どのくらいの期間、どのくらいの費用が掛かるのか知りたいです。
不躾かもしれない質問であることをお許し下さい。
長々と失礼致しました。

 


 

回答

顎の大きさに比べて舌が長いのが原因で発音障害がある場合、一般的に考えられる方法は歯列矯正で顎を広げて大きくする。
または舌を外科的に小さくする。または舌のトレーニングなどです。
実際にどの方法が適しているのかは診察してみないとわかりません。
まずは舌の筋肉のトレーニングをおこなってみてはいかがでしょうか。それでも改善しなければ、矯正歯科に受診してご相談してください。
外科的処置は最終手段とお考えいただければよいと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 歯科医師)
医療法人審美会ウメダデンタルクリニック 院長

大阪梅田駅徒歩3分。「歯のエステ」25年の技術で応えます

虫歯治療だけでなく「美しさ」も含めた治療を追求する「審美歯科」で25年。先進国アメリカの審美を学び、7000ケース以上の実績を重ねて参りました。白くきれいな歯並びの美しい笑顔は自信にもつながります。日本の審美歯科への意識向上のため努力を続けます。

カテゴリ 「審美歯科、矯正歯科の質問と回答」のコラム