何故、金融機関は借り換えに積極的なのか - 住宅ローン借り換え・返済 - 専門家プロファイル

Office JUN 代表
兵庫県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
久保田 正広
(ファイナンシャルプランナー)
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

何故、金融機関は借り換えに積極的なのか

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン借り換え・返済
相談業務 出張タイプ

 日銀によるマイナス金利政策で、住宅ローン金利が過去最低水準を更新する中、新規需要以上に盛り上がっているのが借り換え需要です。

 金融機関はこのチャンスを逃すまいと、積極的な勧誘を行っていますが、何故ここまで金融機関が積極的になるのでしょうか。答えを簡単に言ってしまえば、金融機関にとっては借り換えが儲かるからです。

 確かに貸出金利は低下していますが、金融機関の調達金利であるベースレートはさらに低下しているため、金融機関の儲けにあたる利ざやは確保できています。

 また金融機関側から見れば、借り換えのお客様は今までの返済実績があるため審査がしやすく、貸し倒れリスクが小さいというメリットもあります。

 さらに大きいのが借り換え手数料の存在です。最近の主流は定率制であることから、例えば2%の手数料率で3000万円を借り換えた場合、金融機関側には60万円の手数料収入が入ります。

 また、住宅ローンは抵当権という債務を担保するための権利が付けられていますが、金融機関が変わればこれの移転登記をしなければならず、この司法書士報酬も50万円程度はかかります。

 確かに総返済額が減るお客様も多いので、借り換えにメリットは多いものの、数年後に退職金で繰上返済してしまう方や、借入額が少ない方などは、トータルでは手数料倒れに終わってしまう可能性もあります。

 周りの雑音に惑わされず、今後の返済プランを考えてから、行動されることをお勧めします。


沼田 順(1級FP技能士、宅地建物取引主任者、住宅ローンアドバイザー)


※このコラムの無断転載・引用はご遠慮願います


ブログメディア「BLOGOS」、「マネーの達人」

そこに参加させて頂いている、私のブログも是非ご訪問下さいませ。

住宅ローン、不動産アドバイス


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(兵庫県 / ファイナンシャルプランナー)
Office JUN 代表

住宅金融公庫出身のFPが貴方のマイホームライフをサポート

素敵なマイホームを手に入れて最後まで幸せに暮らして欲しい。これが住宅金融公庫勤務時代に年間500件以上の住宅ローン相談業務を担当してきた私自身の願いです。その経験を基に貴方のマイホームライフをトータルにサポート致します。

このコラムに類似したコラム

【工事費の透明化につながるか?】 真崎 喜雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/12/20 18:35)

フラット35に銀行の信用力は関係ありません 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2016/05/06 07:00)

住宅ローン固定型希望が急増中 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2013/07/07 11:36)

住宅ローン、借り換える際の3つのポイント 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2013/04/28 06:00)

新サービスを開始します。 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2011/12/20 10:04)