見落としがちな、膀胱がんの初期症状 - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

あきカイロプラクティック治療室 副院長
カイロプラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

見落としがちな、膀胱がんの初期症状

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
腰痛・肩こりから病気まで!予防法
膀胱がんの初期症状に「血尿」「頻尿」「排尿時の痛み」などの膀胱炎症状がみられるケースもあるそうです。これらは、一般的に言われていることなのですが、現在、膀胱がんを治療している患者様の体験では、初期症状にこのようなことは無かったそうなのです。

実際に「血尿」がみられたのは、がんが出来始めたと予想される1年後でした。「1年前に何か気になる症状はなかったか?」と、よく考えてみたところ、「尿が出づらい」ことが2〜3日程度あったことを思い出したそうです。それは「残尿感」ではなく「尿が少ししか出ないなぁ。」という「量」が気になるというもの。

それも、腹部に力を入れると、全部の尿が出る、といった状態だったそうです。その時は「尿の出が悪いのは、歳のせいだろうなぁ。」と思い、そのまま気にせずにいたところ、症状はキレイに無くなったとのこと。しかし、がんは進行していました。がん発見後にわかったことだそうですが、「くらげ」のようながんが、尿の通りを妨げるので、腹部に力を入れないと、全部の尿を出すことができなかったのだそうです。

このように病気の初期症状は、一般的に言われているような症状がみられない場合もありますので、少しでも「今までにない症状だ!」と思ったら、診察を受けると安心だと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カイロプラクター)
あきカイロプラクティック治療室 副院長

快適な状態で日常生活を送ることが、どれだけ楽かを伝えたい

何が原因でつらい症状が出てしまうかをご自身がお気付きになることが、施術を進めていく上でのポイントになると考えています。私の経験した「神経の働きが良くなるとこんなに楽になるんだ!」という感動を、多くの方に知って頂きたいと思います。

カテゴリ 「腰痛・肩こりから病気まで!予防法」のコラム

東京新聞に掲載されました(2008/11/13 11:11)